ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 源氏物語の政治学 史実・准拠・歴史物語

  • 源氏物語の政治学 史実・准拠・歴史物語

源氏物語の政治学 史実・准拠・歴史物語

  • 高橋麻織/著 高橋 麻織
    1980年岐阜県生まれ。明治大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。明治大学文学部助教を経て、明治大学文学部兼任講師

  • ページ数
    402p
  • ISBN
    978-4-305-70819-9
  • 発売日
    2016年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

8,500 (税込:9,180

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 『源氏物語』准拠論の従来の問題点を乗り越えるべく、果敢に新たな方法を提示。歴史史料の調査による史実、中世の『源氏物語』研究の成果、歴史物語の叙述を踏まえつつ、『源氏物語』の歴史性―物語に描かれる政治世界―を解明する野心作。
目次
『源氏物語』准拠論の可能性―物語の政治世界を読み解く
第1部 光源氏の政治―“家”の形成と王権(冷泉帝の元服―摂政設置と后妃入内から
光源氏の摂政辞退―物語における摂関職
明石姫君の袴着―腰結の役をめぐって
冷泉帝主催の七夜の産養)
第2部 桐壷院の政治―後宮運営と皇位継承(光源氏立太子の可能性―桐壷更衣の女御昇格
藤壷の宮の立后―藤原遵子との比較から
桐壷院の“院政”確立―後三条朝の史実から
殿舎「桐壷」に住まう后妃の形象―桐壷更衣から明石女御へ)
第3部 大臣家の政治―後宮政策と摂関政治(弘徽殿大后の政治的機能―朱雀朝の「母后」と「妻后」
左大臣家の後宮政策―冷泉朝における立后争い
匂宮の皇位継承の可能性―夕霧大臣家と明石中宮
物語作品における中央政治―諸寮の様相)
第4部 『源氏物語』から歴史物語へ―“歴史”の創造(『栄花物語』円融朝の立后争い
『大鏡』の歴史認識―「すゑのよの源氏のさかえ」
歴史物語における「源氏」の位相―創造される“歴史”
「帝の御妻をも過つたぐひ」―后妃密通という話型)
『源氏物語』と史実・准拠・歴史物語―今後の展望

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 源氏物語の政治学 史実・准拠・歴史物語
  • 源氏物語の政治学 史実・准拠・歴史物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中