ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 『源氏物語』アイロニー詩学 玉鬘十帖の語り

  • 『源氏物語』アイロニー詩学 玉鬘十帖の語り

『源氏物語』アイロニー詩学 玉鬘十帖の語り

  • 松山典正/著 松山 典正
    1980年、静岡県浜松市生まれ。立正大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程修了。博士(文学)。現在、立正大学文学部助教。専攻、平安文学

  • シリーズ名
    立正大学大学院文学研究科研究叢書
  • ISBN
    978-4-305-70760-4
  • 発売日
    2015年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,500 (税込:5,940

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 玉鬘と源氏、二人の関係を「アイロニー」という概念をふまえて先行研究を読みかえる。
目次
第1章 玉鬘十帖の「筋」(「帚木」三帖から「玉鬘」十帖へ―成立論について
三稜の筋
玉鬘とヒルコ伝承)
第2章 端役たちの活躍(玉鬘をめぐる夢の役割
夕顔の右近の考察
花散里の後見としての役割
六条院入りにおける市女の活躍)
第3章 玉鬘十帖における語りと叙述の方法(「初音」巻の考察
語り手のアイロニー
玉鬘十帖における語り手の評言
「篝火」巻論―「恋のけぶり」をめぐって)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 『源氏物語』アイロニー詩学 玉鬘十帖の語り
  • 『源氏物語』アイロニー詩学 玉鬘十帖の語り

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中