ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 昭和文学研究 第76集

  • 昭和文学研究 第76集

昭和文学研究 第76集

  • 巻の書名
    特集〈代替歴史〉の想像力
  • ページ数
    253p
  • ISBN
    978-4-305-00376-8
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,200 (税込:4,536

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ●昭和期の文学を中心とする近現代文学の研究を対象とした学会誌。従来、会員以外は入手困難でしたが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるよ うになりました。年2回刊行。定期ご購入をご希望の場合は入会されると金額的にお得です(年会費7000円、入会金1000円)。
目次
【特集 〈代替歴史〉の想像力】
『大菩薩峠』と岡千代彦の「自由活版所」─印刷工とアナキズムのネットワーク
夢野久作「犬神博士」試論─夢の大殺陣
谷崎潤一郎『聞書抄』論─歴史小説の中の虚構
所有と欲望─「歴史小説」としての「桜の森の満開の下」
堀田善衛『時間』論─歴史と実存
〈偶然〉の歴史叙述―花田清輝「狐草紙」論
大岡昇平「将門記」と反- 代替歴史的想像力
歴史をあざむく陰のわざ─柴田錬三郎と山田風太郎の忍法小説
代替歴史の欲望に抗う─中上健次『異族』の一側面
代替歴史と情報ネットワークの時代─クロスオーバー小説としての『屍者の帝国』

【論文】
在日文学雑誌『ヂンダレ』における「擬態」─中野重治「雨の降る品川駅」のサークル受容の一側面
一九三五年における中村光夫の文学史観─社会認識と文学論をめぐって
「慰安婦」と小説─語り得ぬ記憶の表現をめぐって

【資料紹介】
藤沢市文書館「葛巻文庫」を通して、芥川龍之介研究の基盤を探る

【研究動向】
ダダと文学
川端康成
挿絵と文学
佐藤春夫

【研究展望】
新しい広場を作る―新刊の作家論集をめぐって
国語科教育と文学教材の未来
経済専制とグローバル化時代の日本語文学

【書評】
新・フェミニズム批評の会編『昭和前期女性文学論』
中山弘明著『溶解する文学研究─島崎藤村と〈学問史〉』
山田夏樹著『石ノ森章太郎論』
大橋毅彦著『昭和文学の上海体験』
黒田大河著『横光利一とその時代 モダニズム・メディア・戦争』
西原大輔著『日本人のシンガポール体験―幕末明治から日本占領下・戦後まで』

【新刊紹介】
西田谷洋編『あまんきみこの童話を読むII』
紅野謙介・大木志門編『21世紀日本文学ガイドブック(6) 徳田秋聲』
堀井弘一郎・木田隆文編『戦時上海グレーゾーン 溶融する「抵抗」と「協力」』
守安敏久著『寺山修司論 バロックの大世界劇場』
半田美永著『近代作家の基層 文学の〈生成〉と〈再生〉・序説』
細川周平編『日系文化を編み直す 歴史・文芸・接触』
乾英治郎著『評伝 永井龍男―芥川賞・直木賞の育ての親―』
山田奨治編著『マンガ・アニメで論文・レポートを書く 「好き」を学問にする方法』

会務委員会だより
台湾日本語文学会との姉妹学会締結について
編集後記

商品詳細情報

サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 昭和文学研究 第76集
  • 昭和文学研究 第76集

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中