ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 東日本大震災〈災害遺産〉に学ぶ 来たるべき大地震で同じ過ちを繰り返さないために

  • 東日本大震災〈災害遺産〉に学ぶ 来たるべき大地震で同じ過ちを繰り返さないために

東日本大震災〈災害遺産〉に学ぶ 来たるべき大地震で同じ過ちを繰り返さないために

  • 谷口宏充/共著 菅原大助/共著 植木貞人/共著 【菅原大助】東北大学大学院理学研究科博士課程修了(理学博士)。東北大学災害科学国際研究所(2012~2015)。ふじのくに地球環境史ミュージアム准教授。博士(理学)(2006年東北大学)。[著書など]『地質学的データを用いた西暦869年貞観地震津波の復元について』(共著、自然災害科学)ほか。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  • ページ数
    191p
  • ISBN
    978-4-303-73135-9
  • 発売日
    2019年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,200 (税込:2,376

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 子どもたちや住民に対する防災教育のキーマンは学校の先生であり、地方行政のメンバーである。宮城県内における災害遺産を選び、防災教育の担い手となるべき人たちに、被災現場で起きていたこと、そこに示されている重要な知見、教訓などを伝える。
目次
第1章 災害遺産の記載とジオストーリー(気仙沼市内の脇地区(内の脇1丁目)―津波火災と同時に震災時とくに危険視されている火災旋風も発生していた
気仙沼市波路上地区(杉ノ下高台・気仙沼向洋高校)―“杉ノ下高台の悲劇”発生と向洋高校生らの緊急避難成功の理由
南三陸町志津川地区(防災対策庁舎・高野会館)―津波防災の視点で志津川の公共施設における立地と避難問題を考える ほか)
第2章 地震の基礎科学(東日本大震災を引き起こした巨大地震―2011年東北地方太平洋沖地震
巨大地震が起こるわけ
将来発生する可能性のある地震)
第3章 津波の基礎科学(津波とは
津波の高さ
海底地震による津波発生のメカニズム ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 東日本大震災〈災害遺産〉に学ぶ 来たるべき大地震で同じ過ちを繰り返さないために
  • 東日本大震災〈災害遺産〉に学ぶ 来たるべき大地震で同じ過ちを繰り返さないために

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中