ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ラヴェル・ピアノ曲集 ペルルミュテールが作曲者自身に演奏したラヴェル作品 7

  • ラヴェル・ピアノ曲集 ペルルミュテールが作曲者自身に演奏したラヴェル作品 7

ラヴェル・ピアノ曲集 ペルルミュテールが作曲者自身に演奏したラヴェル作品 7

  • 巻の書名
    クープランの墓
  • ISBN
    978-4-276-43536-0
  • 発売日
    2016年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 小品以外では、ラヴェルの最後のまとまったピアノ作品(全6 曲)。ラヴェルの高弟V. ペルルミュテール所有の楽譜に書き込まれたレッスンの指示、自らのメモ、ぺダリングの工夫、フレージングの強調、込み入った音符を右手/左手いずれで取るか、など実用性の高い情報も青版で整理して再現した。

商品詳細情報

フォーマット 楽譜
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

小品以外では、ラヴェルの最後のまとまったピアノ作品。
1914~17年にかけて作曲され、6曲がそれぞれ第一次世界大戦で命を落としたラヴェルの友人に捧げられている
(I=ジャック・シャルロー、II=ジャン・クルッピ、III=ガブリエル・ドゥリュック、IV=パスカル・ゴダン、V=ジャン・ドレイフュス、VI=ジョセフ・ドゥマルリアーヴ)。
そのような成立事情もあって、原タイトルの[Le Tombeau]は「墓」と呼び慣わされてきたが、
フランスでこの言葉は(音楽に限らず文学作品においても)「~に捧げられた(墓碑銘)」という意味で用いられ、hommageとほぼ同義である。
この作品の純然たる作曲動機も、偉大なる先人クープランを模した、擬古的な舞曲の枠組みのなかで、ラヴェルらしい先取の試みを書き留めることにあった。
また、多くのピアノ作品がそうであるように、ラヴェルの頭のなかで、各声部はオーケストラのしかるべき楽器の響きを伴って鳴り響いていたのだろう。
19年4月に行われたマルグリット・ロンによるピアノ版初演ののち、翌年2月には(オリジナルから4曲を選び配列を変えた)管弦楽版の初演が行われている。
第一次世界大戦によってヨーロッパ全土と北米にもたらされた近代戦の悲惨な戦禍と長い疲弊を考えるとき、
この明るい典雅な響きを、けっして声高にならない反戦の歌と聴くことは、あながち無理ではないかもしれない。
ラヴェルの高弟ペルルミュテール所有の楽譜に書き込まれたレッスンの指示、自らのメモ、ぺダリングの工夫、フレージングの強調、
込み入った音符を右左手いずれで取るか、など実用性の高い情報を青版で整理して再現。
また、底本にはほとんど入っていない運指は初めから墨版で刷り込んだ。
どうやったら弾けるか、がわかる学習版として希少な価値を持つ、と本国でも原本は高い評価を得ている。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • ラヴェル・ピアノ曲集 ペルルミュテールが作曲者自身に演奏したラヴェル作品 7
  • ラヴェル・ピアノ曲集 ペルルミュテールが作曲者自身に演奏したラヴェル作品 7

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中