ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パスカル・ドゥヴァイヨンのドビュッシー『前奏曲集』全作品練習のヒント

  • パスカル・ドゥヴァイヨンのドビュッシー『前奏曲集』全作品練習のヒント

パスカル・ドゥヴァイヨンのドビュッシー『前奏曲集』全作品練習のヒント

  • パスカル・ドゥヴァイヨン/著 村田理夏子/訳 ドゥヴァイヨン,パスカル(Devoyon,Pascal)
    リーズ、ヴィオッティなど、名だたる国際コンクール上位入賞に加え、1978年のチャイコフスキー国際コンクールでは、フランス人ピアニストとして過去最高位となる第2位を獲得。パリ高等音楽院(コンセルヴァトワール)教授を経て、これまでベルリン芸術大学教授、英国王立音楽院(ロイヤルアカデミー)客員教授、および準名誉会員、桐朋学園大学特任教授、およびMusicalp夏期国際音楽アカデミー(フランス)の芸術監督を務める。2003年より2011年まではジュネーヴ音楽院教授も務めた。2001年、フランス政府よりフランス芸術文化勲章“シュヴァリエ”を、2014年、ロイヤルアカデミーより名誉会員称号をそれぞれ受章。コンサートイマジン所属アーティスト

    村田 理夏子
    東京藝術大学卒業後、ドイツ政府給費留学生(DAAD)としてベルリン芸術大学に留学、パスカル・ドゥヴァイヨンに師事。同大学を満場一致の最高点で首席にて卒業。ドイツ国家演奏家資格を取得。マリア・カナルス国際コンクール入賞、ポルト国際ピアノコンクール第3位など数々の成功をおさめ、フランスのMusicalp夏期国際音楽アカデミーに講師として参加。これまで3枚のCDをリリースし、レコード芸術・特選などを受賞。そのほか、パスカル・ドゥヴァイヨンの著書の翻訳を担当するなど、その活動の幅は広い。これまで、中川裕子、矢部民、高良芳枝、ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ、浜口奈々、パスカル・ドゥヴァイヨンほかの各氏に師事。2003年から2018年まで、ベルリン芸術大学講師。コンサートイマジン所属アーティスト

  • ページ数
    150p
  • ISBN
    978-4-276-14807-9
  • 発売日
    2019年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,200

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、ドビュッシー『前奏曲集』において多くの人が難しさを感じるであろう箇所を、どのように解決していくかに目を向けた内容。まず冒頭で、理想とする音楽を実現するために必要となるテクニックの基礎がまとめて紹介されている。この「練習のアイディア」の章は、他作品にも応用できるものばかりで、本編でも度々登場する。全24曲をひとつずつ解説していく本編では、「なぜ、そう解釈したのか」「その方法を採用した理由は何か」等も明確に述べられていて、読み進めていくと、今回の本のテーマである「練習」の本来あるべき姿が見えてくる。「練習」とは、それを繰り返すことによって知識と教養が深まり、自身の個性を目覚めさせていくものであるべき……。
    ドビュッシー『前奏曲集』への理解を深めたい人はもちろんのこと、日々の練習の質を高めたいと願う人たちに、多くの貴重な“ヒント”を提供してくれる1冊。
  • ※発売日が変更になりました
    12月5日→12月9日
目次
『前奏曲第1集』より(デルフィの舞姫たち
帆(ヴェール)
野を渡る風
“音と香りは夕べの大気に漂う” ほか)
『前奏曲第2集』より(霧
枯葉
ヴィーノの門
“妖精たちはよい踊り子” ほか)

商品詳細情報

フォーマット 楽譜
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

本書は、ドビュッシー『前奏曲集』において多くの人が難しさを感じるであろう箇所を、どのように解決していくかに目を向けた内容。まず冒頭で、理想とする音楽を実現するために必要となるテクニックの基礎がまとめて紹介されている。この「練習のアイディア」の章は、他作品にも応用できるものばかりで、本編でも度々登場する。全24曲をひとつずつ解説していく本編では、「なぜ、そう解釈したのか」「その方法を採用した理由は何か」等も明確に述べられていて、読み進めていくと、今回の本のテーマである「練習」の本来あるべき姿が見えてくる。「練習」とは、それを繰り返すことによって知識と教養が深まり、自身の個性を目覚めさせていくものであるべき……。
ドビュッシー『前奏曲集』への理解を深めたい人はもちろんのこと、日々の練習の質を高めたいと願う人たちに、多くの貴重な“ヒント”を提供してくれる1冊。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • パスカル・ドゥヴァイヨンのドビュッシー『前奏曲集』全作品練習のヒント
  • パスカル・ドゥヴァイヨンのドビュッシー『前奏曲集』全作品練習のヒント

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中