ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ピアノがうまくなるにはワケがある

  • ピアノがうまくなるにはワケがある

ピアノがうまくなるにはワケがある

  • 角聖子/著 角 聖子
    福岡音楽院、桐朋学園女子高等学校音楽科をへて、ドイツ国立フライブルク音楽大学に入学。エディット・ピヒト=アクセンフェルト女史に師事。室内楽をオーレル・ニコレ、ハインツ・ホリガー両氏に師事。同校を首席で卒業。ドイツ演奏家資格国家試験に首席で合格。以後、ドイツ、ベルギーを中心にソロ、室内楽の両分野で活動。イギリス、アメリカ、フランスの音楽誌上で絶賛された。帰国後ソロ活動の他、内外のアーティストとも共演。独創的な活動が注目を集める

  • ISBN
    978-4-276-14349-4
  • 発売日
    2012年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,980

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 練習してもうまくならない?! そして「続いている人」「続かなかった人」。せっかく夢を持ってはじめたのに、多くの人が壁にぶつかって辞めてしまう。その原因は、ささいな、しかし重大な「勘違い」にあった。ピアノの奥の深さを見直すことで、ピアノがうまくなり楽しみが湧いてきる。本書には、演奏の心構えから練習法まで、著者の長年の演奏活動と教師としてのノウハウが、惜しげもなく展開されている。まずは続けること。それからわかる、大人のピアノの楽しみ。

    [目次]
    第1章 なぜうまくなれないのか 
      1.ピアノはむずかしい楽器です
      2.挫折感を持たずに進んでいくために
      3.練習よりコツ
    第2章 いい演奏とは中身を磨くこと
      4.魅力的な演奏にするための表現力
      5.耳と指をつなぐブラインドタッチ
    第3章 力が抜ければうまくいく
      6.脱力することがすべての基本
      7.弱い音で鳴らすことが表現力をつける
      8.バランス感覚をつける
      9.拍感覚が保てれば、リズムは簡単です
      10.集中と執着
      11.速いパッセ?ジの練習法
      12.トリルをきれいに弾く
    第4章 ピアノが楽しくなる
      13.上達感が持てる方法
      14.スランプはチャンス!
      15.レパートリーが進歩させる
      16.譜面が読めるようになる方法
      17.柔軟な発想で行きましょう
      18.譜面通り弾かなくてもいいんじゃない?
    第5章 人と繋がっているということ
      19.ノーミスにこだわると大切なものを失う
      20.レッスンに通う意味
      21.人前で弾くから成長する
      22.大人のピアノの醍醐味とは
    付:音楽用語集


目次
第1章 なぜうまくなれないのか(ピアノはむずかしい楽器です
挫折感を持たずに進んでいくために ほか)
第2章 いい演奏とは中身を磨くこと(魅力的な演奏にするための表現力
耳と指をつなぐブラインドタッチ)
第3章 力が抜ければうまくいく(脱力することがすべての基本
弱い音で鳴らすことが表現力をつける ほか)
第4章 ピアノが楽しくなる(上達感が持てる方法
スランプはチャンス! ほか)
第5章 人と繋がっているということ(ノーミスにこだわると大切なものを失う
レッスンに通う意味 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ピアノがうまくなるにはワケがある
  • ピアノがうまくなるにはワケがある

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中