ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ピアノを弾く手 ピアニストの手の障害から現代奏法まで

  • ピアノを弾く手 ピアニストの手の障害から現代奏法まで

ピアノを弾く手 ピアニストの手の障害から現代奏法まで

  • 酒井直隆/著 酒井 直隆
    医学博士・工学博士。米国メイヨー・クリニック研究員、横浜市立大学医学部客員教授等を経て現在、東京女子医科大学附属青山病院整形外科に「音楽家専門外来」を開設。音楽家の健康問題研究の第一人者として診療、講演等で活躍中。宇都宮大学大学院工学研究科教授、洗足学園音楽大学客員教授。国際手外科学会「音楽家の手」委員会議長。日本手外科学会・日本リウマチ学会・日本整形外科スポーツ医学会・日本運動器科学会・東日本整形災害外科学会等評議員

  • ISBN
    978-4-276-14346-3
  • 発売日
    2012年10月

1,800 (税込:1,944

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ピアノ構造の画期的な発展にピアノ教育が追いつかず、そのために手を傷める生徒が激増した。今日のピアノ教育が生徒を手の障害から救おうとした人々によって築かれた歴史を知り、手の障害から出発したピアノ奏法の歴史を、人間の手の仕組みと楽器としてのピアノの発展を解説しながら述べたもの。人間の手については医学的知識が、楽器については機械としての構造の理解が必要で、理解を深める豊富な写真や図版、医師・音大教員・工学研究者の三者の観点から書き起こした、ピアノとピアノ奏法に詳しい医者の筆者ならではの平易な解説が特長である。
目次
はじめに 手の痛みから現代ピアノ奏法へ
第1章 ピアニストの理想の手
第2章 手のしくみとピアニストの手の障害
第3章 ピアノ機構の発展と奏法
第4章 手の痛みから奏法の変革へ
おわりに ピアノ奏法はどこに向かうか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ピアノを弾く手 ピアニストの手の障害から現代奏法まで
  • ピアノを弾く手 ピアニストの手の障害から現代奏法まで

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中