ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • バロックから初期古典派までの音楽の奏法 当時の演奏習慣を知り、正しい解釈をするために

  • バロックから初期古典派までの音楽の奏法 当時の演奏習慣を知り、正しい解釈をするために

バロックから初期古典派までの音楽の奏法 当時の演奏習慣を知り、正しい解釈をするために

  • 橋本英二/著 橋本 英二(ハシモト エイジ)
    1931年東京生まれ。1954年東京芸術大学音楽部オルガン科を卒業。同専攻科を修了後、1956年にフルブライト留学生としてシカゴ大学大学院(作曲、音楽学)、イェール大学音大(ハープシコード)で学位を得た。1964年日本にもどり、桐朋学園音大で教えたが、1966年にフランス政府から招かれてパリに滞在、国立図書館で研究にたずさわり、またフランス内外を旅行した。帰国途次アメリカ各地を演奏旅行中シンシナティ大学音大からハープシコード科の設置を依頼され、1968年以来Artist‐in‐Residenceとして教えるかたわら、世界20数カ国で演奏を重ねてきた。1978、81年の東京のリサイタルは文化庁芸術祭参加公演となり、2度とも芸術祭優秀賞をうけた。バロック様式の室内オーケストラの指導にも長年力をいれ、アメリカ各地はもとより、1990年代には数年間イタリアのルッカ音楽祭の監督をつとめた。1998年にはシンシナティ大学より最高栄誉のDistinguished Professorの称号を授けられ、またロックフェラー財団の招きでイタリアのベラジョでD.スカルラッティの研究を続けた。2001年にシンシナティ大学名誉教授となった

  • ページ数
    17,372p
  • ISBN
    978-4-276-14030-1
  • 発売日
    2005年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,800 (税込:6,264

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 20世紀後半の古楽研究の発展とそれにともなう古楽ブームの結果、古い音楽を演奏するさいには、装飾音、リズム、ダイナミクス、アーティキュレーションなどについて、当時の演奏習慣にもとづいた適切な解釈をすることが常識となった。現在では、古楽器演奏家はもとより、モダン楽器の演奏家のあいだでもこうした考え方が一般的となっている。
    本書は、プロ、アマチュアを問わず、バロック音楽から初期古典派までの音楽を演奏するさいに留意すべきさまざまな事項を、J. S. バッハ、F. クープラン、ラモー、クヴァンツ、テュルク、C. P
目次
バロックと古典期以前の概観
装飾音
リズム
テンポ
ダイナミクス
フレージングとアーティキュレーション
形式
ピッチ
音律
通奏低音とその伴奏法
カデンツァ
即興演奏
バロック記譜の通念
繰り返し
表現
楽器について

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • バロックから初期古典派までの音楽の奏法 当時の演奏習慣を知り、正しい解釈をするために
  • バロックから初期古典派までの音楽の奏法 当時の演奏習慣を知り、正しい解釈をするために

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中