ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 高齢者の音楽療法

  • 高齢者の音楽療法

高齢者の音楽療法

  • 貫行子/著 貫 行子(ヌキ ミチコ)
    東京芸術大学音楽学部楽理科卒業。同大芸術心理学研究室助手、1971年から筑波大学・金沢大学大学院・上越教育大学大学院・日本大学講師を歴任。現在バイオミュージック研究所所長。仁愛女子短期大学客員教授、上野学園大学、金城学院大学、東京国際音楽療法専門学院で講師を務める。日本音楽心理学音楽療法会懇話会会長、日本音楽療法学会役員、学会認定音楽療法士。アメリカ音楽療法協会、日本音楽療法学会、日本音楽学会、日本音楽知覚認知学会正会員。研究発表多数。1999年ワシントンでの世界音楽療法会議で「ヒーリングミュージックのストレスホルモンへの効果」について東京大学心療内科と共同研究を発表した。全国各地での講演やNHK教育テレビやラジオに多数出演している。「音楽心理学」をはじめとして、各種音楽辞典の音楽療法、音楽生理学などの項目を執筆。また、1988年からソニーレコードより「アルファ波分析によるストレス解消のバイオミュージック・シリーズ」として多数のCDやビデオを発表して、企業や医療への活用にも幅広く取り組んだ

  • ページ数
    223p
  • ISBN
    978-4-276-12254-3
  • 発売日
    2009年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 高齢者の音楽療法と、その科学的実証について解りやすくわかりやすく解説。「認知症」などの行政用語を差し替え、進展著しい脳神経科学の最新の知見を盛り込んで改訂した。(特別支援教育図書総目録より)
目次
1 音楽療法とは何か
2 音楽療法の治療理論
3 脳と音楽
4 老年精神医学
5 高齢者音楽療法の目標とプログラム作り
6 認知症のための音楽療法実践と研究報告
7 症例報告
8 アメリカの音楽療法視察
9 認知症予防をめざした音楽療法の効果と可能性
10 音楽療法の研究方法

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
版数 新訂

ページの先頭へ

閉じる

  • 高齢者の音楽療法
  • 高齢者の音楽療法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中