ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 楽譜の向こう側 応用楽典 独創的な演奏表現をめざして

  • 楽譜の向こう側 応用楽典 独創的な演奏表現をめざして

楽譜の向こう側 応用楽典 独創的な演奏表現をめざして

  • 西尾洋/著 作曲家。1977年生まれ。東京藝術大学附属音楽高校を経て同大作曲科中退。ドイツ・リューベック音楽大学卒業、同大学院修了。現在上野学園大学専任講師。ヤマハマスタークラス特別コース講師。作曲活動とともにヤマハやピティナでの楽曲分析を演奏に活かすアナリーゼ講座にも定評がある。

  • ページ数
    170p
  • ISBN
    978-4-276-10023-7
  • 発売日
    2014年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,700 (税込:2,916

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 楽譜を「分析」してそれをどう「解釈」するのか、楽典を切り口に、楽譜に書かれていること、書かれなかったことを読み解き、独創的な演奏につなげる方法を考える読譜の入門書。日本では、楽典、ソルフェージュ、演奏実技がそれぞれ独立して教えられ、楽譜も読めてソルフェージュ能力もあるのに、それらを統合した演奏表現に活かせていないことが多い。「あなたは、なぜそう弾くのか?」「なぜ作曲者はそう書いたのか?」「そして、あなたはそれをどう理解したのか?」――楽譜に書かれたものだけでなく、その背後にある「意味」を、自ら探り、学びとることで、表現は説得力をもち絶対的になり、それが独創的な表現につながっていく。本書は、そのためのさまざまな可能性の探り方を、具体的な譜例を多数挙げながら提示する。ピティナ(一般社団法人全日本ピアノ指導者協会)やヤマハマスタークラスのアナリーゼ関連の講座で人気を誇る著者は、これが初の著書となる。
目次
序文 
1.音階に意味がある 
2.音程に意味がある 
3.調に意味がある 
4.和音に意味がある 
5.拍子に意味がある 
6.形式に意味がある 
7.様式に意味がある 
8.楽語に意味がある 
9.歌詞に意味がある 
10.音型に意味がある 
11.強弱に意味がある 
12.休符に意味がある 
13.譜表に意味がある 
14.練習問題と解答例 
作曲家年表 
あとがき 
索引

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 楽譜の向こう側 応用楽典 独創的な演奏表現をめざして
  • 楽譜の向こう側 応用楽典 独創的な演奏表現をめざして

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中