ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パパはわるものチャンピオン

  • パパはわるものチャンピオン

パパはわるものチャンピオン

  • 板橋雅弘/作 吉田尚令/絵 板橋 雅弘
    東京都出身。中央大学法学部卒。ラブコメ漫画『BOYS BE…』の原作を手がけたほか、著書多数。プロレス関連書籍にも数多くたずさわる

    吉田 尚令
    1971年、大阪府生まれ。イラストレーター。書籍の装画や絵本などを手がける

  • シリーズ名
    えほんのぼうけん 61
  • ISBN
    978-4-265-08131-8
  • 発売日
    2014年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • プロレスとは?人によろこんでもらう仕事。パパは、なぜたたかうのか?人のよろこびが力になるから。“パパわる”シリーズ第2弾!

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22×25cm
対象年齢 幼児 小学12年生

商品のおすすめ

全国のパパから熱い支持を受けた『パパのしごとはわるものです』。
登場する悪役レスラー、ゴキブリマスクがじっさいのプロレスのリングでデビューするなど、話題を振りまいてきた絵本の続編が誕生しました。
やられ役だったゴキブリマスクがタイトルマッチにいどみ、悪の限りを尽くしてチャンピオンになります。勝利の瞬間、やったぁ!と叫ぶぼくですが、会場の反応は大ブーイング。ぼくは複雑な気持ちになってしまいます。
試合を終えてあらわれたパパに、ぼくは……。

主人公のぼくは、パパの仕事を受け入れてあげたいけどなかなか受け入れられません。でも、どんな仕事でも、堂々とがんばっているパパはやっぱりかっこいい。少しずつ理解して、歩み寄っていこうとするぼくの姿がいじらしくけなげです。父と息子の男同士の絆を感じる絵本です。(「近刊情報」より)

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

自分のパパの仕事は悪者プロレスラーなんだ しかも ゴキブリマスクかぶっていて、ちょっと格好が悪いでもぼくにとったら 大好きなパパで となりのマナちゃんと一緒に見に行ったんですが・・・・マナちゃんは、ドラゴンの応援観客のみんなが ドラゴンの応援でもぼくはゴキブリマスクのパパを応援する(がんばれパパ)ちょっと ずるい手をつかって ドラゴンを倒し チャンピオンになったみんなからごみをなげられているのを ぼくはみているすごく、かなしい気持ちになったでしょうね表情でわかるんですでも・・・・ やっぱり パパがすきなんです子どもの気持ちがじーんとくるんです!パパがかっこうわるい 悪者チャンピオンでもね、ひっさつわざの「ホイホイドライバー」どんなわざかな~?パパの仕事なんです 悪者プロレスラーが なんだか切なくなるんです子どもの素直な気持ちですいいな~ こんな親子の関係!(にぎりすしさん 60代・京都府 )

ページの先頭へ

閉じる

  • パパはわるものチャンピオン
  • パパはわるものチャンピオン

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中