ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • パパのしごとはわるものです

  • パパのしごとはわるものです

パパのしごとはわるものです

  • 板橋雅弘/作 吉田尚令/絵 板橋 雅弘
    東京都出身。中央大学法学部卒。ラブコメ漫画『BOYS BE…』の原作を手がけたほか、著書多数。プロレス関連書籍にも数多くたずさわる

    吉田 尚令
    1971年、大阪府生まれ。イラストレーター。書籍の装画や絵本などを手がける

  • シリーズ名
    えほんのぼうけん 27
  • ISBN
    978-4-265-07047-3
  • 発売日
    2011年05月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,300 (税込:1,404

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • みんなのためにパパは、わるものになる。父から息子へ伝えたい、男同士のいちばん大切なこと。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22×25cm
対象年齢 幼児 小学12年生

商品のおすすめ

【対象】 
 
幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

あるひ、ぼくは こっそり パパの クルマに のりこんだ。がっこうの しゅくだいで「おとうさんのしごと」を しらべるため。ぼくの パパは きんにくモリモリだけど、なにを しているのかは しらない。大きくなったら正義の味方になりたいと思っている「ぼく」が、初めて知った父の衝撃的な仕事!揺れ動く「ぼく」の心に、父は大切なことを伝えてくれる。昨日、この本を書店で見つけて、即、買いました。今朝、4年生のクラスで読み聞かせたら、ゴキブリマスク登場のところ等で、少し、笑いも出つつ、子ども達は真剣に聞き入っていました。実際に親の働く姿を見て育つ子どもは、多くはないですよね。この本を読んで、ある程度の年齢が来たら、きちんと親の仕事を理解させる事も、大切な親業のひとつだと改めて思います。「ぼく」のパパは超かっこいいパパです!(マミリノさん 50代・愛媛県西条市 女18歳、男11歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • パパのしごとはわるものです
  • パパのしごとはわるものです

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中