ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 沖縄米軍基地と日米安保 基地固定化の起源1945-1953

  • 沖縄米軍基地と日米安保 基地固定化の起源1945-1953

沖縄米軍基地と日米安保 基地固定化の起源1945-1953

  • 池宮城陽子/著 池宮城 陽子
    1983年沖縄県生まれ。2008年東京都立大学法学部法律学科卒業。2016年慶應義塾大学大学院法学研究科単位取得満期退学、博士(法学)。慶應義塾大学、東洋英和女学院大学、二松學舎大学非常勤講師。専攻は、日本政治外交史、日米関係史

  • ページ数
    288,17p
  • ISBN
    978-4-13-036266-5
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,500 (税込:5,940

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 日本にいまだ大きな影を落とす沖縄米軍基地は,なぜ,いかなる経緯を経て固定化されたのか?――1945年の終戦から1953年のアメリカによる施政権行使の継続決定まで,日米両国の構想と交渉の模様を膨大な資料を通じて詳細に描き,問題の構図を浮き彫りにする.現在に至るまで未解決の困難に向き合うため,改めて過去を検証し真相を解き明かした待望の書.
目次
序章 問題の所在と分析視角
第1章 沖縄米軍基地をめぐる日米関係の起源
第2章 冷戦下の米軍基地の役割変化と信託統治構想の動揺
第3章 日本の再軍備と沖縄問題
第4章 沖縄防衛問題と日本国内の政治対立
終章 沖縄基地問題の構図

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 沖縄米軍基地と日米安保 基地固定化の起源1945-1953
  • 沖縄米軍基地と日米安保 基地固定化の起源1945-1953

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中