ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権
  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権
  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権
  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権
  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権
  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権

  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権
  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権
  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権
  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権
  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権
  • 「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権

「地元チーム」がある幸福 スポーツと地方分権

  • 橘木俊詔/著 橘木 俊詔
    1943年生まれ。京都女子大学客員教授(労働経済学)。ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京大教授、同志社大教授を歴任。日本の格差社会の実態を経済学の立場から分析し、多くの著作を発表している

  • シリーズ名
    集英社新書 0992
  • ページ数
    200p
  • ISBN
    978-4-08-721092-7
  • 発売日
    2019年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

800 (税込:880

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • かつては、「地元にプロスポーツチームがある」のは大都市圏に限られていた。ところが現在では、全国ほぼすべての都道府県に「地元を本拠地とするプロスポーツチーム」(野球、サッカー、バスケット、アイスホッケーなど)が存在する。この画期的な状況は、何を物語るのか。格差研究など、経済データに基づく社会分析の第一人者が、「中央集権から地方分権へ」という日本社会のキーワードに重ね合わせつつ、その意義を多方面から分析する。
目次
序章 「東京一極集中」は何が問題なのか
第1章 「スポーツの中央集権」が生み出す功罪
第2章 プロスポーツはすでに「地方分権」にシフト
第3章 プロスポーツが「地方都市」で繁栄する効果
第4章 地域のライバル意識による「ダービー・マッチ」
終章 プロスポーツ「地方展開」のさらなる可能性を探る

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

私たちの人生を本当に豊かにするのは、「遠くのオリンピック」ではなく、「近くのチーム」である!

かつては、「地元にプロスポーツチームがある」のは大都市圏に限られていた。
ところが現在では、全国ほぼすべての都道府県に「地元を本拠地とするプロスポーツチーム」(野球、サッカー、バスケット、アイスホッケーなど)が存在する。
この画期的な状況は、何を物語るのか。
格差研究など、経済データに基づく社会分析の第一人者が、「中央集権から地方分権へ」という日本社会のキーワードに重ね合わせつつ、その意義を多方面から分析する。

【目次】
はじめに プロスポーツの振興が地方を活性化する
日本のプロスポーツチーム一覧
序章 「東京一極集中」は何が問題なのか
第1章 「スポーツの中央集権」が生み出す功罪
1 2020年東京オリンピックこそ「悪しき中央集権」の象徴
2 東京集中の象徴、箱根駅伝競走の功罪
3 東京発スポーツメディアの功罪
第2章 プロスポーツはすでに「地方分権」にシフト
1 プロ野球の地方移転
2 日本野球機構(NPB)以外の野球組織
3 地方大学野球部の躍進
4 Jリーグの地方分散
5 バスケットBリーグの発足と現状
6 アイスホッケー・アジアリーグ
第3章 プロスポーツが「地方都市」で繁栄する効果
1 スポーツ繁栄の一般的効果
2 コミュニティ活性化の事例
3 J3から見る地域スポーツの現状と課題
4 市民球団というあり方
第4章 地域のライバル意識による「ダービー・マッチ」
1 メジャーリーグの「ダービー」
2 サッカーの「ダービー・マッチ」
3 日本における「ダービー・マッチ」
終章 プロスポーツ「地方展開」のさらなる可能性を探る

【著者プロフィール】
橘木俊詔(たちばなき としあき)
1943年生まれ。京都女子大学客員教授(労働経済学)。
ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京大教授、同志社大教授を歴任。
日本の格差社会の実態を経済学の立場から分析し、『日本の経済格差』『格差社会』(ともに岩波新書)など多くの著作を発表している。
スポーツ関連の著作には『プロ野球の経済学』(東洋経済新報社)『スポーツの世界は学歴社会』(齋藤隆志と共著、PHP新書)などがある。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中