ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 三島由紀夫ふたつの謎

  • 三島由紀夫ふたつの謎

三島由紀夫ふたつの謎

  • 大澤真幸/著 大澤 真幸(オオサワ マサチ)

    1958年、長野県松本市生まれ。社会学者。

    1989年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。千葉大学文学部助教授、京都大学人間・環境学研究科教授等を歴任。

    2007年『ナショナリズムの由来』で毎日出版文化賞、2012年『ふしぎなキリスト教』(橋爪大三郎と共著)で新書大賞、2015年『自由という牢獄』で河合隼雄学芸賞を受賞。

    個人思想誌『Thinking「O」』を主宰。『不可能性の時代』、『〈世界史〉の哲学』シリーズなど著書多数

  • シリーズ名
    集英社新書 0955
  • ページ数
    316p
  • ISBN
    978-4-08-721055-2
  • 発売日
    2018年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

940 (税込:1,015

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • なぜ彼は「切腹」したのか? 最後の長編『豊穣の海』の意味不明ともいえるラストシーンの意味は何か? 日本を代表する社会学者が、これまで誰も説明できていなかった両者の繋がりを精緻に解析する。(「近刊情報」より)
目次
1970/11/25に結びついた二つの謎
仮面の無意識
時代錯誤の決起
鉄の肉体
「吃り」の告白
猫を斬ってもなお残るもの
美の現れ
ニヒリズム研究
白鳥に化す天皇
不毛の海
真の“豊穣の海”へ

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

近代日本が生み出した最高の知性が、なぜこれ以上ないほど「愚か」な最期を選んだのか?そして、「究極の小説」を目指して執筆した最後の長編『豊驍の海』のラストは、なぜ支離滅裂ともいうべきものになったのか?一九七〇年一一月二五日、三島は市ヶ谷駐屯地に向かう前に、編集者へ『豊驍の海』の最後の原稿を渡すよう準備を整えている。つまりこのふたつの謎には何らかの繋がりがあると考えるべきなのだ。だが、これまで誰もそれを「合理的」に説明できていない。あの日、作家の内部でいったい何が起きていたのか?日本を代表する社会学者が、三島の全作品を徹底的に読み解き、文学史上最大の謎に挑む!

ページの先頭へ

閉じる

  • 三島由紀夫ふたつの謎
  • 三島由紀夫ふたつの謎

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中