ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 性のタブーのない日本
  • 性のタブーのない日本

  • 性のタブーのない日本
  • 性のタブーのない日本

性のタブーのない日本

  • 橋本治/著 橋本 治
    1948年、東京生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、小説、評論、戯曲、エッセイと幅広く文筆活動を行う

  • シリーズ名
    集英社新書 0810
  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-08-720810-8
  • 発売日
    2015年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

780 (税込:842

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「目が合う」ということと「セックスをする」ということの間に大きな一線がなかった古代。「優雅な恋物語の世界」と思われがちな平安時代ですら、文学や絵巻物からは、強烈な「人間生理」とともに世界を認識していた日本人の姿が浮かび上がる。歌舞伎や浄瑠璃の洗練されたエロチック表現や、喜多川歌麿の錦絵に見られる独特な肉体観など、世界に類を見ない、性をめぐる日本の高度な文化はいかに生まれたのか?西洋的なタブーとは異なる、国民の間で自然発生的に理解されていた「モラル」から紐解く、驚天動地の日本文化論。
目次
タブーはないが、モラルはある Introduction―現代の日本に性表現のタブーはあるのか?(「性表現の自由」をうっかり語ると笑っちゃう
「性表現の規制」の中の自己規制 ほか)
第1章 それは「生理的なこと」だからしょうがない(世界は具体的に始まる
「子供を作る行為」の始まり ほか)
第2章 「FUCK」という語のない文化(性的タブーとはどんなことか
神様は「まだ早い」と言う ほか)
第3章 男の時代(少女マンガ的な『源氏物語』
肉体関係以外に他人と関係を結ぶ方法はない ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中