ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 金融緩和の罠
  • 金融緩和の罠

  • 金融緩和の罠
  • 金融緩和の罠

金融緩和の罠

  • 藻谷浩介/著 河野龍太郎/著 小野善康/著 萱野稔人/インタビュー・編 藻谷 浩介
    1964年生まれ。(株)日本総合研究所調査部主席研究員

    河野 龍太郎
    1964年生まれ。BNPパリバ証券経済調査本部長・チーフエコノミスト

    小野 善康
    1951年生まれ。大阪大学社会経済研究所教授。経済学博士

    萱野 稔人
    1970年生まれ。津田塾大学国際関係学科准教授。博士(哲学)

藻谷氏ら日本最高のエコノミスト3名が「金融緩和」批判のために集結

  • シリーズ名
    集英社新書 0687
  • ISBN
    978-4-08-720687-6
  • 発売日
    2013年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

760 (税込:836

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • アベノミクスでにわかに注目をあびる金融緩和政策。しかし、「日銀が大量にマネーを供給すれば、景気が回復する」というのは机上の空論だ。「失われた二〇年」をもたらした本当の理由を覆い隠し、かりそめのバブルを引き起こすだけではないか。しかも副作用の大きさは計り知れない。国債の信用喪失に始まる金融危機、制御困難なインフレなど、さまざまなリスクを第一線のエコノミスト・経済学者らが、哲学者と徹底的に討論。金融緩和の落とし穴を見極め、真の日本経済再生への道筋を描き出す。
目次
第1章 ミクロの現場を無視したリフレ政策(現実から乖離したリフレ政策
働いてお金を稼ぐ世代が減りはじめた
人口オーナスが値崩れを引き起こす ほか)
第2章 積極緩和の長期化がもたらす副作用(金融緩和反対で日銀人事案否決
需要としての設備投資
設備投資と人口動態 ほか)
第3章 お金への欲望に金融緩和は勝てない(金融緩和が効かない明白な証拠
「成熟社会」に入った日本
長期不況をはじめて説明できた小野理論 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中