ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 吉永小百合、オックスフォード大学で原爆詩を読む

  • 吉永小百合、オックスフォード大学で原爆詩を読む

ポイント倍率

吉永小百合、オックスフォード大学で原爆詩を読む

  • 早川敦子/取材・構成 早川 敦子
    1960年生まれ。津田塾大学学芸学部英文学科教授。専門は二〇世紀から現代にいたる英語圏文学、翻訳論

  • シリーズ名
    集英社新書 0665
  • ISBN
    978-4-08-720665-4
  • 発売日
    2012年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

700 (税込:756

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2011年10月、原爆詩の朗読を続ける女優、吉永小百合は、オックスフォード大学の招きを受けてイギリスに向かう。ヨーロッパで初めての朗読会、伴奏は、坂本龍一。百十年前のピアノが哀切なメロディーを奏で、偶然チャペルに迷い込んだ鳩が、長編詩「慟哭」のクライマックスで天井を飛翔した。彼女の朗読は、なぜイギリスの聴衆たちの胸を打ったのか。吉永小百合が原爆詩と関わった二十余年にわたる軌跡を紹介しつつ、当日の出来事をドラマティックに描くドキュメント。原爆詩が、国境を超えた瞬間が、いまここによみがえる。
目次
1 鳩が運んできたもの(その瞬間
苦悩を受けとめる ほか)
2 原爆詩との出会いとオックスフォードへの道(原爆詩との出会い
CD「第二楽章」の誕生 ほか)
3 チャペルに響いた朗読の言葉―二〇一一年十月二十二日(ハプニングの連続
いざ、オープニング ほか)
4 廃墟にて(いま、私たちは廃墟の前に佇んでいる
もう一人の福島の詩人 ほか)
歩み続ける オックスフォード一年後の思い―吉永小百合さんに、一年後の感想を聞く(談)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 吉永小百合、オックスフォード大学で原爆詩を読む
  • 吉永小百合、オックスフォード大学で原爆詩を読む

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中