ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 子どものケータイ-危険な解放区

  • 子どものケータイ-危険な解放区

子どものケータイ-危険な解放区

  • 下田博次/著 下田 博次
    NPO法人青少年メディア研究協会理事長。早稲田大学第一商学部卒業。シンクタンク勤務から雑誌記者、放送番組制作などを経て、群馬大学社会情報学部大学院研究科教授、群馬大学特任教授を歴任。長らく子どもたちのインターネット、携帯電話利用問題に取り組んでいる

  • シリーズ名
    集英社新書 0551
  • ページ数
    238p
  • ISBN
    978-4-08-720551-0
  • 発売日
    2010年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

720 (税込:778

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 中・高生にとって、今やそれなしではいられない必須アイテムとなったケータイ。しかし子どもたちの世界はその出現を境に一変した。いつでも誰とでも繋がることができる利便性は、有害情報へのアクセスをも簡単にし、児童買春、少女売春、援交といった子どもを巻き込んだ犯罪の出現を助長している。大人の目の届かない世界で繰り広げられ、深刻化の度合を増すケータイを使った少年犯罪を、長らく子どもの携帯電話利用問題に取り組んできた第一人者が分析し、その解決策を緊急提言する。
目次
第1章 子どもの携帯電話問題一〇年の経緯
第2章 パーソナルメディアの時代へ
第3章 思春期メディアの誕生
第4章 携帯サブカルチャー
第5章 犯罪、非行・逸脱のニューウェーブ
第6章 慌てる国と携帯電話業界
第7章 子どものケータイ利用問題が拡大した理由
第8章 子どものケータイ問題、どうなる、どうする

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 子どものケータイ-危険な解放区
  • 子どものケータイ-危険な解放区

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中