ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ガンジーの危険な平和憲法案

  • ガンジーの危険な平和憲法案

ガンジーの危険な平和憲法案

  • C.ダグラス・ラミス/著 ラミス,C.ダグラス(Lummis,Charles Douglas)
    1936年、米国サンフランシスコ生まれ。政治学者。元津田塾大学教授

  • シリーズ名
    集英社新書 0505
  • ISBN
    978-4-08-720505-3
  • 発売日
    2009年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

680 (税込:748

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • その膨大な講話の中から、憲法にかかわる部分をまとめた『自由インドのためのガンジー的憲法案』が、六〇年前のインドで刊行されていた。しかし、建国の父とまで謳われた聖人の憲法案は、今日に至るまで黙殺されたままである。それは一体なぜなのか?その謎を解く鍵は、産業資本主義の生産方式とライフスタイル、および国民国家の存立根拠とは相容れない幻の憲法案を、もう一度精査することにある。日本国憲法第9条とはまったく異質なその戦争放棄思想は、金融資本主義が壊滅しつつある現在、異様なリアリティをもって我々に迫ってくる。
目次
第1章 最大のタブー(史上最大の非暴力勢力
議論の不在 ほか)
第2章 幻の憲法論の全貌(ガンジーの幻の憲法案との出会い
ガンジー憲法案はユートピアではない ほか)
第3章 起こったことと、起こらなかったこと(ガンジーの新憲法案は平和憲法だ
二種類の平和憲法 ほか)
補論 ガンジー思想の可能性(ガンジーの遺産
現代世界の市民社会 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
サイズ 18cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • ガンジーの危険な平和憲法案
  • ガンジーの危険な平和憲法案

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中