ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 仕事と心の流儀

  • 仕事と心の流儀

ポイント倍率

仕事と心の流儀

  • シリーズ名
    講談社現代新書 2508
  • ISBN
    978-4-06-514621-7
  • 発売日
    2019年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

860 (税込:929

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • つらい仕事ほど、人を成長させる―日々奮闘する、すべての人に贈る「働くこと」の本質を語った珠玉のメッセージ。
目次
はじめに―努力に終わりはない
第1章 逆境が心を成長させる(絶体絶命の状況でも努力を続けることで、人は鍛えられ、強くなっていく。
DNAのランプが点くまで努力を続ければ、自分の能力を超えた「サムシンググレイト」が働く ほか)
第2章 仕事と人生(社長になっても、会社を辞めればただのオジサン。
金浅的報酬を追いかけて仕事をする人は、サラリーマンのプロになれない。 ほか)
第3章 上司と部下(「死なばもろとも」と思える上司に巡り合えるか。
部下の「生活履歴」を頭に入れよ。 ほか)
第4章 組織と個人(顧客との信頼関係を築いても、立場をわきまえないと即アウト。
嘘をつくと毎日が暗くなる。 ほか)
第5章 努力とチャンス(努力の差は「二:六:二の法則」に表れる。
「ドングリの背くらべ」を続けていたら、仕事を奪われる。 ほか)
おわりに―一歩前へ!

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
文庫
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

日々、ビジネスの現場で懸命に奮闘するすべての人へ。
幾多の修羅場を乗り越えてきた著者が贈る珠玉のメッセージ!

「勝者と敗者を分けるのは、心の強さと平常心」
「悲観的に考えて、楽観的に行動する」
「問題が多いことを喜べ。それは懸命に生きている証だ」
「金銭的報酬を追いかけて仕事をする人は、サラリーマンのプロになれない」
「能力や適性には差はない。開花するかどうかは『どれだけ努力をしたかの違い』だけだ」
「情熱が人を動かし、お金も動かす」
「部下の大半にやる気がないのは上司の責任」
「嫌な上司は反面教師にせよ」
「空気は読んでも顔色を読むな」
「人は三年権力を握ればバカになる」
「誰にだってチャンスはある。でも勉強しないとチャンスはつかめない」

人はなんのために仕事をするのか?
仕事の真の報酬とは何か?

新入社員から経営者まで共通する
働くことの本質をすべて語り尽くす。(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 仕事と心の流儀
  • 仕事と心の流儀

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中