ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 黒田裕子の看護研究step by step

  • 黒田裕子の看護研究step by step

黒田裕子の看護研究step by step

  • 黒田裕子/著 黒田 裕子(クロダ ユウコ)
    1977年徳島大学教育学部看護教員養成課程卒業。北里大学病院脳神経外科病棟、聖カタリナ女子高等看護学校衛生看護科・専攻科、日本赤十字社医療センター脳神経外科勤務を経て、聖路加看護大学修士課程修了(看護学修士号取得)後、日本赤十字中央女子短期大学講師を勤め、1988年聖路加看護大学大学院看護学研究科博士後期課程に入学。1991年同大学大学院修了(看護学学術博士号取得)、同年より東京医科歯科大学医学部保健衛生学科看護学専攻・助手(学内講師)として勤務。1993年より日本赤十字看護大学助教授、1995年同大学教授として勤務。2003年4月より北里大学看護学部教授および大学院修士課程・博士後期課程に2004年4月より新設されたクリティカルケア看護学教授として勤務

  • ページ数
    295p
  • ISBN
    978-4-05-152343-5
  • 発売日
    2006年12月

2,600 (税込:2,808

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 研究テーマの絞り込みから文献検索や検討方法、研究計画書の作成等のプロセスを具体的に示し、量的・質的な研究方法の概要を紹介.また、質問紙の作成方法、研究発表や論文化のポイント、クリティークの進め方、倫理的な問題の処理、などを事例をあげて解説。
目次
看護実践のなかから生まれる“研究疑問”
“研究”にとって欠かせない文献検索と文献検討
研究計画書を作成する
看護研究の方法を理解しよう
量的なアプローチの研究デザイン
データ収集の方法としての質問紙法
量的なデータの分析を試みる
質問紙を自分で作成する
質的なアプローチの研究方法
多様な質的なアプローチの研究方法を見てみよう!
研究論文としてまとめる
看護研究を科学的な視点でクリティークする
看護研究を行ううえで出会う倫理的な問題

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
版数 第3版

商品のおすすめ

実践での“研究疑問”から出発し、看護研究をまとめるに至る各ステップごとのポイントを実際例を駆使して解説。

ページの先頭へ

閉じる

  • 黒田裕子の看護研究step by step
  • 黒田裕子の看護研究step by step

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中