ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 木崎夫婦ものがたり 旦那さんのつくる毎日ご飯とお祝いのご馳走

  • 木崎夫婦ものがたり 旦那さんのつくる毎日ご飯とお祝いのご馳走

木崎夫婦ものがたり 旦那さんのつくる毎日ご飯とお祝いのご馳走

  • シリーズ名
    富士見L文庫 こ-3-1-1
  • ページ数
    286p
  • ISBN
    978-4-04-072674-8
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

620 (税込:670

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 木崎ゆすら、職業文筆家。先日結婚しました。
    旦那さんは毎日美味しいご飯をつくってくれます。天気がいい日も悪い日も、普通の日もお祝いの日も、私が書けても書けなくても。
    父が残したこの家で。
    ゆったり夫婦の物語
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

文筆家の島田ゆすらは、偶然出会った木崎修吾と電撃結婚した。著名な作家を父に持つゆすらは、本人の意思とは関係なく期待を掛けられている。修吾はいつものように「よくわからないけれど面白かったですよ」と小説の感想を述べ、ゆすらのために美味しいご飯をつくる。甘めの角煮、おやつのスコーン、朝には菜飯のおむすびを―。それを二人で美味しくいただくのだ。父の残した陽当たりのいい、この家で。寄り添い合う新米夫婦の、ゆったり成長ものがたり。

ページの先頭へ

閉じる

  • 木崎夫婦ものがたり 旦那さんのつくる毎日ご飯とお祝いのご馳走
  • 木崎夫婦ものがたり 旦那さんのつくる毎日ご飯とお祝いのご馳走

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中