ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鬼のうで

  • 鬼のうで

鬼のうで

  • シリーズ名
    赤羽末吉の本
  • ISBN
    978-4-03-964110-6
  • 発売日
    1980年00月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【対象】 
     
    小学低~中学年

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 23×26cm
対象年齢 小学低~中学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

赤羽さんのエッセイを読むうちに赤羽さんが鬼の赤羽と呼ばれていたことを知りました。確かに鬼が出てくる絵本をよく描かれています。中でもこの『鬼のうで』と『鬼ぞろぞろ』の鬼が私にとってはとても印象深く心に残りました。この作品を描かれてから、鬼が切られた右腕と同じように赤羽さんの腕も動かなくなったというエピソードを読んで、驚いたばかりだからです。赤羽さんの絵というと、余白がとても活きていて、グロテスクなことなくさらりと書いてあるのに、怖さと臨場感はあり、とても力強く感じます。子どもの頃にもこの話は何かの形で読んだことがありましたが、こんな風に絵本にして出会うとまた違った感じがします。今の子どもたちは古典文学に触れる機会があまりないように思うので、赤羽さんの絵本から古典に触れていくのもいいかもしれないと思います。(はなびやさん 40代・愛知県○市 男8歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 鬼のうで
  • 鬼のうで

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中