ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 夏休みの秘密の友だち

  • 夏休みの秘密の友だち

夏休みの秘密の友だち

  • 富安陽子/著 大庭賢哉/絵 富安 陽子
    1959年東京に生まれる。和光大学人文学部卒業。『クヌギ林のザワザワ荘』により日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空へつづく神話』により産経児童出版文化賞、『盆まねき』により野間児童文芸賞、産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。『やまんば山のモッコたち』はIBBYオナーリスト2002文学作品に選ばれた

    大庭 賢哉
    1970年神奈川県に生まれる。漫画家・イラストレーター

  • シリーズ名
    シノダ!
  • ISBN
    978-4-03-644090-0
  • 発売日
    2015年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,300 (税込:1,430

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 夏休みに二人だけでパパの故郷にやってきたユイとタクミは、キツネのお面をかぶった男の子から不思議なお祭りのことを聞かされる。(「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 小学56年生

商品のおすすめ

ユイとタクミとモエのパパは、もちろん人間だ。でも、ママがキツネだということは、パパのお父さんとお母さんもしらいな秘密だった。今年の夏休み、ユイとタクミは、はじめて二人だけでパパの故郷の町にいくことになった。なんとかぶじにたどりついた夜、おじいちゃんたちとホタルを見にいった二人は、河原で、キツネのお面をかぶった男の子とその兄に出あった。小学校高学年から。

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

夏休みと言うと姉妹だけで、列車を乗り継いでおばあちゃんの家に行った小学校の時の思い出がありますが、この本もユイとタクミが、パパの実家で夏休みを過ごすお話でした。都会とは違ったゆったりとした空気が流れる、おじいちゃんやおばあちゃんとの毎日。この巻は大変な災難に巻きこまれることもなく、ゆるやかに夏が過ぎてゆきます。もちろん不思議な出来事は最初から起き、それは500年に一度の忘れられないナツギ祭りの思い出になります。知り合った秘密の友だちと一緒に、またいつか空色のアイスを食べる日が来ますように。(ラムネ色さん 60代・大阪府 )

ページの先頭へ

閉じる

  • 夏休みの秘密の友だち
  • 夏休みの秘密の友だち

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中