ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鹿鳴館の恋文

  • 鹿鳴館の恋文

鹿鳴館の恋文

  • 小森香折/作 染谷みのる/絵 小森 香折
    東京都に生まれる。『ニコルの塔』でちゅうでん児童文学賞大賞、新美南吉児童文学賞を受賞

    染谷 みのる
    奈良県に生まれる。イラストレーター、漫画家

  • シリーズ名
    歴史探偵アン&リック
  • ページ数
    193p
  • ISBN
    978-4-03-635940-0
  • 発売日
    2019年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

900 (税込:990

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • イギリスからの留学生ボビーが、アンの家に見学にきた。ボビーのひいひいおじいさんは、明治時代の日本にきて、鹿鳴館で、ある女性と恋におちたという。アンとリックは、ボビーとともにその女性・スズコのなぞをとこうとする。国をこえた恋とお宝をめぐる「歴史探偵アン&リック」シリーズ第四弾!小学校高学年から。
  • ※発売日が変更になりました
    10月15日→10月18日

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 小学56年生
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

イギリスからの留学生ボビーが、アンの家に見学にやってきた。
ボビーのひいひいおじいさんは、外交官秘書として明治時代の日本にきて、鹿鳴館で、ある女性と恋におちたらしい。
アンとリックは、その女性・スズコのなぞをとくのに、協力することになる。

ファッション大好きでセンス抜群なアンと、クールな歴史マニアのリック、性格が正反対の2人が活躍する歴史ミステリーシリーズ第4弾!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「ええと、鹿鳴館は3年がかりで、明治16年(1883年)に完成した。二階建てで総レンガづくり。総工費はおよそ18万円。」
「安い。」
「明治時代のお金だからね。いまだったら億単位の値段だよ。外務省予算がなくなるような大金だったって書いてある。」
「ダンスパーティのために、そこまでしたの? よっぽどダンスをしたかったのね。」
「てか、日本も西洋なみのことができるってアピールをしたかったんだ。~」(本文より)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 鹿鳴館の恋文
  • 鹿鳴館の恋文

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中