ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • わたり鳥の旅

  • わたり鳥の旅

ポイント倍率

わたり鳥の旅

  • 樋口広芳/作 重原美智子/絵 樋口 広芳
    1948年、神奈川県横浜市生まれ。東京大学大学院農学系研究科博士課程修了。農学博士。米国ミシガン大学動物学博物館客員研究員、(財)日本野鳥の会・研究センター所長などを経て、東京大学大学院農学生命科学研究科教授。専門は鳥類学、生態学、保全生物学。日本鳥学会前会長

    重原 美智子
    1963年、北海道恵庭市生まれ。金沢美術工芸大学工芸デザイン科卒業。小さいころから鳥が好きで、東京港野鳥公園でのボランティア体験をきっかけに、鳥の絵を描きはじめる。95年、アネハヅルの衛星追跡の調査でモンゴルへ

  • ISBN
    978-4-03-527690-6
  • 発売日
    2010年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,540

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 鳥たちは、この地球で、さまざまな旅をしています。旅をする鳥を、「わたり鳥」とよびます。わたり鳥はどこを通り、どこにいくのでしょうか?鳥類学者による20年間におよぶ研究と、画家の想像力が描きだす、わたり鳥の旅の世界。小学校中学年から。
目次
この商品の目次情報はありません。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 24×28cm
対象年齢 小学中学年

商品のおすすめ

【対象】 
 
小学中学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

コハクチョウ、マナヅル、ハチクマ。自分の知らないわたり鳥もいたのですが、わたり鳥がどのようにして旅をしているのか、研究家の樋口さんが鳥に発信器をつけて調査した研究。それが、鳥の目から見た鳥瞰図で、あるいは生息する他の動物から、鳥が羽を休める自然から、光景として紹介されています。地球は丸いんだな、そして宇宙から見下ろすと陸地はこんな風に見えるんだな、私も少々驚きました。わたり鳥について知識と親しみを深めるためにとても良い絵本、説明は少し専門的ですが絵をみていると何となく頭に残りました。(ヒラパパさん 50代・千葉県市川市 男13歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • わたり鳥の旅
  • わたり鳥の旅

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中