ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ダダイストの睡眠
  • ダダイストの睡眠

  • ダダイストの睡眠
  • ダダイストの睡眠

ダダイストの睡眠

  • 高橋新吉/著 松田正貴/編 高橋 新吉
    1901年、愛媛県に生まれ、1978年、東京都に歿する。八幡浜商業学校を中退後、上京、放浪する。1920年、小説「焔をかかぐ」でデビュー。1923年、詩集『ダダイスト新吉の詩』(中央美術社)によって現代詩を切り拓き、その後も仏教と虚無思想を基盤とした独自の世界観を展開する

    松田 正貴
    1974年、大阪府に生まれる。大阪電気通信大学講師。専攻は、モダニズム文学

  • シリーズ名
    境界の文学
  • ページ数
    259p
  • ISBN
    978-4-907986-23-0
  • 発売日
    2017年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,600 (税込:2,808

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現実と内面、正気と狂気のあわいを超えた、詩的言語の実践。『ダダイスト新吉の詩』(1923)によって一挙に“現代詩”を到来させた日本最初のダダイスト、高橋新吉。虚無思想と禅を基盤とし、時代と社会を超越した14編を斬新な構成で編集。
目次
ダガハジ断言?Is Dadaist

高橋がダダ新吉になる瞬間:解説1

桔梗
宇和島の闘牛
神は熟睡したもう
預言者ヨナ

狂気をどう語るのか:解説2

亡ぶる家の豚
不気味な運動
仏教
乞食夫婦
ヴィニイ
悲しき習性

高橋新吉 略年譜

生蝕記? 或る浮浪人の日記
ダダイストの睡眠
焔をかかぐ

いま高橋新吉をどう読むか:解説3

編者あとがき
初出一覧

商品詳細情報

サイズ 20cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

「ダダは一切を抱擁する。何者もダダを恋する事は出来ない。」

現実と内面、正気と狂気のあわいを超えた、詩的言語の実践。『ダダイスト新吉の詩』(1923)によって一挙に《現代詩》を到来させた日本最初のダダイスト、高橋新吉。虚無思想と禅を基盤とし、時代と社会を超越した14編のほか、解説および略年譜を収録する。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中