ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現代書道の父比田井天来

  • 現代書道の父比田井天来

現代書道の父比田井天来

  • 比田井和子/著 比田井 和子(ヒダイ カズコ)
    比田井天来の次男である比田井南谷の長女。学習院大学大学院人文科学研究科哲学専攻修士課程修了。卒業後、伏見冲敬編『書道大字典』(角川書店)編集に参画。出版社勤務を経て株式会社天来書院を創設。書道書籍の発行と、ビデオやDVDのプロデュース、講演などによって、書の芸術性と真の姿を広く紹介している。2000年から二年間、佐久市立(当時は望月町立)天来記念館の館長をつとめた

  • ISBN
    978-4-88715-227-4
  • 発売日
    2009年10月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,650

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 比田井天来は、現代書道の黎明期に、東洋独自の芸術として、書の力をいきいきとよみがえらせ、現代に続く展開へと導きました。門下からは、文化勲章受章者など戦後書壇の指導者を輩出。その指導の様子も紹介します。代表作や日本全国に建てられた書碑を網羅。
目次
天来の故郷
上京前の作品
上京
日下部鳴鶴に入門する
鴻と改名する
結婚
生活のための借家業
書道教育者となる
天来の子どもたち
松方正義との交流〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 現代書道の父比田井天来
  • 現代書道の父比田井天来

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中