ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • IPsec導入の手引き VPN/イントラネット/エクストラネット上でのセキュリティの確立

  • IPsec導入の手引き VPN/イントラネット/エクストラネット上でのセキュリティの確立

IPsec導入の手引き VPN/イントラネット/エクストラネット上でのセキュリティの確立

  • Elizabeth Kaufman/著 Andrew Newman/著 SE編集部/訳 笠野英松/監修 カウフマン,エリザベス(Kaufman,Elizabeth)
    Cisco Systemsセキュリティプロダクト&テクノロジー部門担当シニアディレクター兼ジェネラルマネージャー

    ニューマン,アンドリュー(Newman,Andrew)
    Yale大学上級システムアナリスト

    笠野 英松(カサノ ヒデマツ)
    1950年生まれ。静岡大学理学部数学科卒業後、日本電気、NCR、HP等にて基本ソフトウェア/OS開発、スーパーコンピュータ・汎用機・UNIX機・PCなどの通信ネットワーク・システムの研究開発/インテグレーションに従事。電気通信主任技術者、電気通信設備工事担任者等の資格を有し、電信電話技術委員会、日本FRF、日本情報処理開発協会などの委員を歴任。専門は、通信・ネットワークの研究・開発及び、ネットワーク・インテグレーション

  • シリーズ名
    Professional library Network
  • ISBN
    978-4-88135-886-3
  • 発売日
    2000年04月

2,800 (税込:3,080

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、ネットワークのセキュリティ対策の中核を、既存の一般的なセキュリティ技術から新しいセキュリティインフラへ移行させようと、真剣に考えているネットワーク/セキュリティ管理者への、IPsecの導入・構築ガイドである。本書のいたるところで、IPsecについての、現時点における数々の問題が提起。また、その回避策、あるいは回避への考え方も、同時に示されている。
目次
第1部 作業に入る前に(セキュリティの基礎作り
セキュリティの原則と実践
法制度下の暗号処理)
第2部 技術的要素(IPネットワーキングのリスク
暗号のプロトコルとテクニック
IPsecと公開鍵インフラストラクチャの基礎)
第3部 実用化(他のテクノロジーとの相性
IPsecとPKIの展開に伴う検討事項)
第4部 ベンダー/製品選び(ベンダー評価
ベンダーへの質問事項)
補足 IPsecのセキュリティにおける位置づけ

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 23cm
原題 原書名:Implementing IPsec
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • IPsec導入の手引き VPN/イントラネット/エクストラネット上でのセキュリティの確立
  • IPsec導入の手引き VPN/イントラネット/エクストラネット上でのセキュリティの確立

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中