ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 隅でいいです。構わないでくださいよ。 4

  • 隅でいいです。構わないでくださいよ。 4

隅でいいです。構わないでくださいよ。 4

  • まこ/著 まこ
    執筆歴は、2007年4月頃から。『隅でいいです。構わないでくださいよ。』で2016年出版デビュー

  • シリーズ名
    アリアンローズ
  • ページ数
    317p
  • ISBN
    978-4-86657-091-4
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 愛理がゲームを知っている転生者!?遊男達も愛理を不審がり始め、周囲が変化していくも、野菊は未だ自分のことを思い出せず――
    (「近刊情報」より)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

男妓楼が舞台の乙女ゲーム世界で、悪役キャラに転生していた私。遊男として生活し、ゲームの展開とは逸れた生活を送るも、急に性格が変わってしまった愛理ちゃんの行動に困惑していた。ある日おやじ様に頼み込まれ、ゲームイベントと同じく遊女の格好をすることに。でも、愛理ちゃんに『私の世界なのに』となじられてしまい!?彼女はゲームを知っていた転生者なの?完全にゲームに沿った世界ではないとは思っていた。いるはずの花魁も二人いない。ゲームに関しては思い出せたのに、未だ自分のことは思い出せないままで―!?逆転吉原ファンタジー急展開の第四幕、いよいよクライマックスへ!

ページの先頭へ

閉じる

  • 隅でいいです。構わないでくださいよ。 4
  • 隅でいいです。構わないでくださいよ。 4

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中