ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 介護トラブル対処法介護弁護士外岡流3つの掟 不毛な裁判や紛争を回避する極意

  • 介護トラブル対処法介護弁護士外岡流3つの掟 不毛な裁判や紛争を回避する極意

介護トラブル対処法介護弁護士外岡流3つの掟 不毛な裁判や紛争を回避する極意

  • シリーズ名
    もっと介護力!シリーズ FOR LEADERSマネジメントのツボ
  • ページ数
    127p
  • ISBN
    978-4-8404-4580-1
  • 発売日
    2014年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 老人ホームや特養といった高齢者入所施設では、転倒によるけがや誤嚥などの事故はどうしても避けられません。在宅でも、利用者さんに窃盗を疑われるなどの例があります。こうした事故や過失が発生した後の対処を間違えず、施設・事業者側も利用者側も不毛な紛争や裁判を回避する方法とは。
  • 事故や過失が発生した後の対処を間違えず、施設・事業者側も利用者側も不毛な紛争や裁判を回避する方法おしえます。
目次
・はじめに

序章 いま、介護現場ではこんなトラブルが起きている!
・3 つに分類される「介護トラブル」

・あなたの職場はどのタイプ? 施設型・訪問型で異なる傾向と対策

・介護トラブル類型を個別にみてみよう
(1)転倒・誤嚥など事故による身体への直接の侵害 物理的ダメージ
(2)物やお金の窃盗・毀損などの侵害 財産へのダメージ
(3)意思疎通や情報の取り扱いに関する問題 コミュニケーションエラー・精神的ダメージ

1 章 介護事故が「裁判」に持ち込まれると、どうなるか?
・一筋縄ではいかない、民事訴訟の世界
・「訴えてやる!」が現実になれば…

・こんな事故でも損害賠償?~実際の裁判から
(1)全体の傾向 転倒と誤嚥の比較からみえてくるもの
(2)転倒による事故の傾向
(3)誤嚥による事故の傾向
(4)その他の事故の傾向

・どうしてこんな結論に? 裁判官の頭の中はどうなっているのか
(1)損害賠償の決め手は、4 つの検討事項
(2)過失はこうして認定される
(3)損害はこうして認定される

・結局、利用者側も施設側も、裁判では救われない
(1)利用者側は「金銭」ではなく「誠意」を求める
(2)なのに、裁判で勝っても得られるものはお金だけ
(3)不毛な介護裁判を避けるために

2 章 謝罪がカギ!トラブルを回避する3つの掟
・不幸にして事故が起きてしまったら
(1)事故前後の流れ、ポイントは「契約時」「日常生活」「事故直後」
(2)あらゆる場面で使える!「 外岡流・謝罪の公式」

・時系列で徹底コーチ・外岡流リスクマネジメント
(1)契約時のポイント
[やってみよう!] 契約書を説明するシーンのシミュレーション その他

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 介護トラブル対処法介護弁護士外岡流3つの掟 不毛な裁判や紛争を回避する極意
  • 介護トラブル対処法介護弁護士外岡流3つの掟 不毛な裁判や紛争を回避する極意

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中