ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • くわしすぎる教育勅語
  • くわしすぎる教育勅語
  • くわしすぎる教育勅語

  • くわしすぎる教育勅語
  • くわしすぎる教育勅語
  • くわしすぎる教育勅語

くわしすぎる教育勅語

  • ページ数
    269p
  • ISBN
    978-4-8118-0832-1
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,000 (税込:2,160

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし」―すべての道徳が、この一点に集約される。明治のエリートたちが書きあげた315字。その文言はどこからやってきて、何を目指したのか?巧みなレトリックと埋めこまれたフェイクを味わう。教育勅語と関連年表付。
目次
第1部 “精読”一字一句をつまびらかに(第一文 朕惟フニ、我カ皇祖―「朕」と「我」はどう違う?
第二文 我カ臣民、克ク忠ニ―つくられた伝統が「教育の淵源」に
第三文 爾臣民、父母ニ孝ニ―徳目はすべて「皇運」のために
是ノ如キハ、独リ朕カ―「忠」と「孝」をまとめあげる
斯ノ道ハ、実ニ我カ―全世界が戴く勅語の真理
朕爾臣民ト倶ニ―朕の希望をすすんで体せよ)
第2部 “始末”来しかたとゆく末(起草者それぞれの思惑
徳目はどこから来たか
「君主の著作」の法的地位
モノとしての教育勅語―原本と謄本
物神となった謄本と「御真影」―学校儀式と不敬事件
教育勅語と学問の自由
揺れる教育勅語解釈
失効後に残ったもの)
第3部 “考究”これまでにわかっていること

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

近代日本に強烈な求心力と滅びへの道をもたらした教育勅語。<br />1890年のエリートたちがつくりだした「名文」には、何が書かれているのか。315字の一字一句の意味と文章の構造をあきらかにし、その来歴と遺産までを語り尽くす。ありそうでなかった、上げも下げもしない教育勅語入門。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中