ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • これは水です 思いやりのある生きかたについて大切な機会に少し考えてみたこと
  • これは水です 思いやりのある生きかたについて大切な機会に少し考えてみたこと
  • これは水です 思いやりのある生きかたについて大切な機会に少し考えてみたこと

  • これは水です 思いやりのある生きかたについて大切な機会に少し考えてみたこと
  • これは水です 思いやりのある生きかたについて大切な機会に少し考えてみたこと
  • これは水です 思いやりのある生きかたについて大切な機会に少し考えてみたこと

これは水です 思いやりのある生きかたについて大切な機会に少し考えてみたこと

  • デヴィッド・フォスター・ウォレス/著 阿部重夫/訳 ウォレス,デヴィッド・フォスター(Wallace,David Foster)
    1962~2008。作家。イリノイ州で育ち、少年時代はテニス選手。アムハースト大学で様相論理と数学を専攻、25歳で書いた処女長編『システムの箒』で作家デビューする。アリゾナ大学創作学科で修士課程を修了、ハーヴァード大学哲学科に移るが、鬱病で中退。詩人兼作家メアリー・カーとの恋愛を経て、95年に1076ページの長編『無限の道化』を完成させた。未完の長編『蒼白の王』を残して自殺した

    阿部 重夫
    1948~。調査報道記者。東京生まれ、1973年、東京大学文学部社会学科卒。日本経済新聞社に入社し、社会部、整理部、金融部、証券部、論説委員兼編集委員を経て95年にロンドン総局駐在。98年に退社し英国ケンブリッジ大学客員研究員としてイラク大量破壊兵器問題を研究した。99年から月刊誌「選択」編集長、2006年に月刊誌FACTAを創刊した

  • ISBN
    978-4-8038-0353-2
  • 発売日
    2018年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,320

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 夭逝した天才ポストモダン作家が若者たちに遺した珠玉のメッセージ!
目次
これは水です
〈訳者解説〉「蒼白の王」のグッド・バイ
訳注
校訂

商品詳細情報

サイズ 16cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

副題:思いやりのある生きかたについて大切な機会に少し考えてみたこと

卒業式スピーチとしては、2005年にスティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で行なったもの(「ハングリーであれ、愚直であれ」)が有名だが、同じ年にケニオン大学で負けず劣らぬ名スピーチをしたデヴィッド・フォスター・ウォレスという作家がいた。
本書はそのスピーチ「これは水です」の完訳版である。作家としてはポストモダン文学の旗手として、アメリカの若者を中心にカルト的ともいえる人気を博しつつ、46年という短い生涯を自らの手で閉じてしまったウォレスだが、「考える方法を学ぶ」ことが人生にとってどれほど重要かを、平明かつしなやかな言葉で語った本スピーチは、時代を超えて読む者の心に深く残る。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中