ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 図解でわかる!理工系のためのよい文章の書き方 論文・レポートを自力で書けるようになる方法

  • 図解でわかる!理工系のためのよい文章の書き方 論文・レポートを自力で書けるようになる方法

図解でわかる!理工系のためのよい文章の書き方 論文・レポートを自力で書けるようになる方法

  • ページ数
    207p
  • ISBN
    978-4-7981-5889-1
  • 発売日
    2019年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • この本にはよりよい文章を自力で書けるようになるための、様々な原則やコツ、ヒントが書かれています。いずれも、著者が大学で学生の皆さんを相手に、論文指導やレポートの添削を日々行ううちに蓄積したノウハウを基にしたものです。主に、次のような方にとって役に立つ本になるようにデザインしてあります。
  • ※発売日が変更になりました
    2月4日→2月7日
目次
第1章 七つの原則(「主題文」をまず書いてみよう
読み手を意識する ほか)
第2章 構成を練る(既知の情報から新しい情報へとつなげよう
基本は「導入・本論・展開」の三部構成 ほか)
第3章 確実に伝える(厳しい読み手になろう
「なぜ」の不足:理由を補って主題の立ち位置を明確にする ほか)
第4章 ライティングの実技(とにかく書いてみる
「とにかく書く」ための箇条書き活用法 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

理工系に必要な一生モノの文章力を身につけよう! 

文章は、まず何よりもそれを読む相手にとって「よい文章」であることが重要です。
本書にはよりよい文章を自力で書けるようになるための様々な原則やコツ、ヒントが書かれています。
「実験レポートや報告書、論文が書けない……」とお悩みの理工系の方は、まずは「なぜよい文章を書かねばならないのか」「そもそもどんな文章がよい文章なのか」を考えてみましょう。
よい文章を書こうとすると、自分の考えをよく整理することが必要になります。
どんな情報をどのように配置すべきか、吟味・推敲を重ねていくうちに書くべき内容・構成・結論が明確になり、結果、書いたレポートや論文も評価されるようになります。
本書を読み終えた後は、「結局、なにを言いたいのかわからない」と指導教官や先輩、上司から指摘されることはなくなるでしょう。 

【本書の対象読者】
・理工系の大学生、大学院生
・若手のエンジニア
・上記の方達を指導する立場の方 

【指導者の皆様へ】
本書の各トピックの冒頭に掲載している図解画像は、翔泳社のサイトからダウンロードできます。
指導の際には、画像をメールやチャットソフトで共有したり、自作教材にお使いいただけるようになっています。
※ダウンロードサイトにある使用方法についての内容をよくご確認の上、ご利用ください。 

【目次】
はじめに
第1章 七つの原則
第2章 構成を練る
第3章 確実に伝える
第4章 ライティングの実技
演習の解答例
おわりに
参考文献(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 図解でわかる!理工系のためのよい文章の書き方 論文・レポートを自力で書けるようになる方法
  • 図解でわかる!理工系のためのよい文章の書き方 論文・レポートを自力で書けるようになる方法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中