ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 システム運用の考え方が変わる

  • コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 システム運用の考え方が変わる

コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 システム運用の考え方が変わる

  • 青山尚暉/〔ほか〕著 青山 尚暉
    日本工学院八王子専門学校ITスペシャリスト科に入学。在学中は、ボランティア活動に積極的に参加し、Rancher JPコミュニティの運営メンバーとして参加

    市川 豊
    フォーシーズンズ株式会社(co‐founder,CTO)インフラエンジニア、フロントエンドエンジニア。最近は、専門学校で非常勤講師としてOSS(Linux/Docker/k8s/Rancher等)を教えたり、Rancher JPコミュニティを始めとするミートアップや勉強会に登壇、ハンズオン講師としても活動中

    境川 章一郎
    Pumpkin Heads株式会社代表取締役インフラエンジニア。Bluemix User Group(IBM Cloudユーザー会)での発表や記事掲載の実績を元に「IBM Champion for Cloud 2018」に認定される

    佐藤 聖規
    プリセールスエンジニア。クラウドやアーキテクチャ、DevOpsに関するコンサルティングにも従事。ペンネーム織田翔名義での著書もある

    須江 信洋
    外資系IT企業、フリーランス、IoT関連ベンチャーを経て、2017年よりRed HatでソリューションアーキテクトとしておもにOpenShiftを担当

  • ISBN
    978-4-7981-5537-1
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,980 (税込:4,298

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • インフラ分野の新しいトレンド「コンテナ」をコンセプトから管理技術、さまざまなOSSやサービスを軸に徹底解説。
目次
第1章 コンテナ管理技術の普及とオーケストレーションを取りまく動向
第2章 Docker コンテナの基礎とオーケストレーション
第3章 CaaS(Container as a Service)
第4章 Kubernetesによるオーケストレーション概要
第5章 GKE(Google Kubernetes Engine)
第6章 Rancher
第7章 Kubernetes on IBM Cloud Container Service
第8章 OpenShift Networking & Monitoring
第9章 OpenShift for Developers

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 23cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

Dockerだけでは終わらない?!
コンテナ技術を実践的に使うための解説書!

コンテナは主としてLinuxを分割し、複数のOSとして利用するもので、1つのコンピュータを分割して利用する技術の新潮流です。代表的コンテナ技術として「Docker」が注目されていますが、Docker単体で大規模なシステムを作ることは難しく、エンジニアリングそしてクラウドの世界ではさまざまなOSSプロダクトや技術が登場し注目されています。

【本書の特長】
・システム技術の新潮流「コンテナ」のコンセプトと活用について入門
・Dockerの基本的な概念からサービス化の手法を解説
・注目の技術Kubernetesのコンセプトや活用方法も紹介
・コンテナを使ったクラウドサービスGKE(Google Kubernetes Engine)やRancherなどのOSSを解説
・IBM BluemixレッドハットのOpenShiftなどの企業プロダクトの動向も紹介

本書ではコンテナを現場で使うためのさまざまなノウハウを集めています。とくにコンテナの統合的操作/管理(オーケストレーション)はKubernetesを中心に大きく進歩しており、最新のサービス/OSS/製品などの活用法を具体的に紹介していきます。
クラウド時代のノウハウで、インフラ技術の最新トレンドを紹介します。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 システム運用の考え方が変わる
  • コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 システム運用の考え方が変わる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中