ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • インフラCI実践ガイド Ansible/GitLabを使ったインフラ改善サイクルの実現

  • インフラCI実践ガイド Ansible/GitLabを使ったインフラ改善サイクルの実現

インフラCI実践ガイド Ansible/GitLabを使ったインフラ改善サイクルの実現

  • 中島倫明/著 佐々木健太郎/著 北山晋吾/著 齊藤秀喜/著 羽深修/著 中島 倫明
    国内のシステムインテグレーターを経て、レッドハット株式会社へ勤務。戦略からアーキテクチャ、実装までの幅広い範囲で、企業システムにおけるクラウドや自動化の促進を支援。その傍らで大学や各種団体での講師を勤め、クラウド時代のIT人材の育成に尽力する。また、OpenStackやAnsibleなどの各種ユーザー会のメンバーとして、コミュニティの振興にも参加している

    佐々木 健太郎
    2010年、楽天株式会社に入社し、ストレージを中心としたシステムを開発するエンジニアとしてキャリアをスタートさせる。業務では、レガシーなストレージから最新技術を取り入れた分散ストレージまで幅広く扱う。その後、OpenStack関連のシステム開発に取り組む。その活動が功を奏し、楽天での業務とは別に、大学や研究所でクラウドコンピューティング関連の講師も勤めている

    北山 晋吾
    楽天株式会社にて、国際ECサービスのインフラ運用を経験。その後、日本ヒューレット・パッカード株式会社にてテクニカルアーキテクトとして、DevOpsやコンテナ、クラウド分野をはじめとしたオープンソースソリューションのコンサルティングに従事。また、仕事の傍らグロービス経営大学院でMBAを取得し、ユーザー/ベンダー双方の視点と経営の視点を活かしながら業務に邁進している。レッドハット株式会社に勤務。さらに、Mesos User Groupを始めとしたコミュニティ運営なども行う

    齊藤 秀喜
    システムインテグレーター、ISPを経て、レッドハット株式会社へ勤務。グローバルのAnsibleサポートチームのメンバーとして、Ansible Tower/Ansible Coreのテクニカルサポート、デバッグ、テスト、コーディングなどを行っている

    羽深 修
    エンジニア。さまざまな案件でCIを実践。過去にはクラウド基盤構築ソフトウェアについて講師をしたり、書籍を執筆したりする

  • ページ数
    408p
  • ISBN
    978-4-7981-5512-8
  • 発売日
    2018年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,200 (税込:4,536

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • クラウド時代のインフラを継続的インテグレーションで開発!Ansible/GitLab/Docker/Vagrantなどを使ったCI(Continuous Integration)でインフラを継続的に管理する手法を紹介。
目次
ITインフラの設計/構築/維持の変化
インフラCIの考え方
演習環境の概要と構築方法
演習のシナリオ解説
環境構築の自動化
テストの自動化
CIのパイプライン
インフラCIを循環させる仕組み
より品質の高い成果物を作る
インテグレーションからデリバリーへ〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 23cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

クラウド時代に適合した
新インフラ管理のベストプラクティス!

構成自動化ツールや仮想化/クラウドなどの技術が普及し、Infrastructure as Code(コードとしてのインフラ)が現実になりつつあります。インフラの定義をコード化できるようになると、今度はそれらを適切に管理し、最新状態を保持し、確実に本番システムに適用できる手法が求められるようになります。
本書では、こうしたインフラの管理のためにCI(Continuous Integration:継続的インテグレーション)の技術を適応させる方法を紹介します。これにより、システムの変更を継続的に維持できる管理サイクルの実現を目指します。

【本書の特長】
・新しいタイプのシステムインフラと、旧来のインフラ管理の問題点
・インフラ管理にCI手法を応用するメリットと適用のためのポイント
・実際のシステムを前提としたベストプラクティスをサンプルとして紹介
・AnsibleとGitLabをはじめとしたさまざまなOSSを活用
・インフラのための設定の管理と本番システムへの適用までをサイクルとして実現
・システムテストを自動化
・現場のシステムに組み込むためのさまざまなTIPSを紹介

本書では、全体を通じて一貫したサンプルを紹介し、実際にダウンロードして試せることを目指しました。現場のさまざま条件や背景を越え、ツールとして広く使えるような手法の提供を目指しています。
新しいシステムインフラに関わる知識とノウハウを手に入れられる解説書です。
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • インフラCI実践ガイド Ansible/GitLabを使ったインフラ改善サイクルの実現
  • インフラCI実践ガイド Ansible/GitLabを使ったインフラ改善サイクルの実現

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中