ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖

  • 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖

現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖

  • 杉山卓也/著 杉山 卓也
    薬剤師/漢方アドバイザー。神奈川県座間市にある「漢方のスギヤマ薬局」にて、ひとりひとりに寄り添った漢方相談を受けるかたわら、講師として年100回を超えるセミナー・講座を開催。また、漢方薬局経営者向けのコンサルタント会社も経営し、漢方取扱店舗の経営ノウハウについて全国で講演やコンサルティングを行う。神奈川中医薬研究会会長、座間市薬剤師会会長、星薬科大学非常勤講師も務める。合同会社Takuya kanpo consulting代表社員

  • ISBN
    978-4-7981-5490-9
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,900 (税込:2,090

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 漢方の知識を身につけて、もっとスキルアップ!症状がわかる!漢方薬がわかる!勉強のコツ&相談対応のコツ教えます!
目次
はじめに

1章●漢方がわかるようになりたい!
(1)漢方薬を扱う薬局・薬店とは?
(2)店舗の種類によって扱う漢方薬も違う?
(3)漢方専門薬局と調剤薬局の仕事の違いは?
(4)まずやること(1)漢方薬による治療の性質を理解する
(5)まずやること(2)現場で頻用される漢方薬を理解する
【コラム】漢方専門薬局の仕事の流れ

2章●漢方の知識を効率よく身につけたい!
(1)「漢方医学」と「中医学」
(2)効率的な学び方と避けるべき勉強法
●頻用される漢方の用語を理解しよう
【コラム】漢方を学ぶことは「健康的な生活法」を学ぶこと
(3)病気は6つの病態と6つの原因から理解する
【コラム】病態や五臓の状態に対応する薬効のカテゴリ
●主な生薬の性質と薬効別分類
【コラム】食べ物や生薬に存在する「五味」「五性」
【コラム】えっ!こんなものも漢方薬になるの!?
●主な漢方薬の処方解説
【コラム】漢方薬はメーカーによって効果が違うってほんと?
【コラム】西洋薬や他の漢方薬との飲み合わせで注意すべきこと
(4)得意分野にしたい! 相談が多い疾病とそのポイント
(5)仕事をしながら漢方を学ぶには?
【コラム】漢方薬は子どもでも飲める?何歳から飲める?

3章●漢方薬のカウンセリング技術を上げたい!
(1)漢方の健康相談の流れ
(2)相談に来るお客様を理解する
(3)漢方薬の知識があっても実務がうまくいかない?
【コラム】聴くことに徹底したらリピートが増えた
(4)聴き取りで大切な3つのポイント
(5)質問の仕方で信頼感が変わる
【コラム】話が脱線しやすい人には?
(6)証を見極めるために確認すること
(7)相談スキルを上げるために意識したいこと
(8)相手に伝わるアドバイスの仕方
【コラム】漢方薬の効果的な飲み方とは?
(9)こんな時どうする?(1)選択する漢方薬を絞り切れない
(10)こんな時どうする?(2)漢方薬で副作用が出てしまった
【コラム】妊娠中の漢方薬、注意すべき点は?
(11)こんな時どうする?(3)しばらく使っても効果が出ないと言われた
(12)受診勧奨の判断
(13)漢方薬+αのアドバイス
【コラム】気になる漢方薬のお値段

おわりに

商品詳細情報

フォーマット 単行本
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

漢方・中医学の知識を身につけてスキルアップ!
症状・病態がわかり、適正に漢方薬を選べるようになるコツを紹介!

スキルアップやキャリアアップを目指して、
漢方を学ぶ薬剤師や登録販売者が増えています。
しかし、漢方や中医学の知識は膨大で、「どこから手を着ければよいかわからない」
「やみくもに暗記して挫折」……という人も少なくありません。
また、相談者の症状や病態を見極め、適正な漢方薬を自分の判断で選ぶ
というプロセスに戸惑ってしまう人も。

本書では、漢方専門薬局で漢方相談を受けるかたわら、
年間100本を超える漢方セミナーを開催する著者(薬剤師/漢方アドバイザー)が、
挫折しない漢方の勉強法、接客・カウンセリングのコツなど、
「漢方」を仕事にする、漢方知識を仕事に活かすためのコツをわかりやすく紹介します。

【こんな人におすすめ】
・お客様の体質や病態がわかるようになりたい
・漢方薬に詳しくなりたい
・将来、漢方専門薬局で働きたい…など

【本書で扱う内容】(抜粋)
1章◆漢方がわかるようになりたい!
・漢方薬を扱う薬局・薬店とは?
・まずやること(1)漢方薬による治療の性質を理解する
・まずやること(2)現場で頻用される漢方薬を理解する

2章◆漢方の知識を効率よく身につけたい!
「漢方」と「中医学」は別モノ!
・効率的な学び方と避けるべき勉強法!
・頻用される漢方の用語を理解しよう
・病気は6つの病態と6つの原因から理解する
・主な生薬の性質と薬効別分類
・主な漢方薬の処方解説

3章◆漢方薬のカウンセリング技術を上げたい!
・漢方薬の知識があっても実務がうまくいかないのはなぜ?
・まず、相談に来るお客様を理解する
・大切な聴き取りの3ポイント
・質問の仕方で信頼感が変わる
・こんな時どうする?(1)選択する漢方を絞りきれない場合
・こんな時どうする?(2)漢方薬で副作用が出てしまった
・こんな時どうする?(3)しばらく使っても効果が出ないと言われた
・受診勧奨の判断
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖
  • 現場で使える薬剤師・登録販売者のための漢方相談便利帖

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中