ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • Ruby on Rails 5の上手な使い方 現場のエンジニアが教えるRailsアプリケーション開発の実践手法 開発からリリース運用まで、ベストプラクティスが一冊でわかる?

  • Ruby on Rails 5の上手な使い方 現場のエンジニアが教えるRailsアプリケーション開発の実践手法 開発からリリース運用まで、ベストプラクティスが一冊でわかる?

Ruby on Rails 5の上手な使い方 現場のエンジニアが教えるRailsアプリケーション開発の実践手法 開発からリリース運用まで、ベストプラクティスが一冊でわかる?

  • リクルートテクノロジーズ/著 太田智彬/著 寺下翔太/著 手塚亮/著 宗像亜由美/著 太田 智彬
    リクルートテクノロジーズ。東京都渋谷区出身。大規模サイトの構築やWebアプリケーションの開発を経て、テクニカルディレクターとしてフロントエンドのチームリード/制作フロー改善に従事。BPRの企画・立案に携わっている

    寺下 翔太
    2015年東京大学大学院情報理工学系研究科修士課程修了後、新卒で大手Sler入社。主に公共システムのバックエンド開発に従事。2016年に株式会社リクルートライフスタイルへ転職。Railsを利用したサービスを複数開発。主にGCPを利用したデータ分析基盤の開発を行っている

    手塚 亮
    Web制作会社に新卒入社。Webデザイン、フロントエンド・バックエンドの開発を経験。2013年に株式会社nanapiに入社。Railsでのメディア開発や、新規プロダクトの企画・Androidアプリ開発などに携わる。2015年より現職。メディアの開発統括、営業組織での業務効率化などの業務を経て、2017年7月に株式会社GENERADESを創業しCTOに就任

    宗像 亜由美
    CREATIVE SURVEYの立ち上げ初期からWebアプリケーションエンジニアとしてフロントエンド、バックエンドの開発を経験。また開発にとどまらず、プリセールス、PM、カスタマーサポートなど幅広く業務に携わる。後にインドのスタートアップでのWeb制作経験やIoT分野での企画から開発までの経験を経る

  • シリーズ名
    WEB Engineer’s Books
  • ページ数
    399p
  • ISBN
    978-4-7981-5309-4
  • 発売日
    2018年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 本書は、Ruby on Rails 5によるアプリケーションの開発からリリース・運用まで、そのベストプラクティスが一冊でわかる本です。
目次
1 基礎編(Rubyの基礎
Railsの基礎)
2 アプリケーション開発編(Routes/Controller
View
Database/Model
Test)
3 リリース運用編(Railsのベストプラクティス
アプリケーションをデプロイする
アプリケーションの継続的な運用
アプリケーションの運用におけるポイント)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

開発からリリースや運用まで、
ベストプラクティスが一冊でわかる!

本書は、Ruby on Rails 5によるアプリケーションの
開発からリリース・運用まで、そのベストプラクティスが一冊でわかる本です。

Ruby on Railsは効率的にアプリケーションを作ることができる
フルスタックなMVCフレームワークですが、
同じ機能を実装するにもさまざまなやり方があり、初心者にとって、
Web上の大量の情報の中からベストプラクティスを探し出すのは困難を極めます。

通常、このベストプラクティスのノウハウを得るにはある程度の経験が必要ですが、
本書を読むことで、使う機能・使わない機能を取捨選択し、効率よく学習することができます。

デファクトスタンダードとなっているライブラリ群の機能や使い方から、
開発時だけでなくリリースや運用時のベストプラクティスもカバーするので、
本書を読み込めば小規模~中規模のサービス運用が一人である程度こなせるようになります。

サンプルをダウンロードできるので、自分でも試しながら学べます。

*Ruby言語およびMVCフレームワークの基礎を習得されている方を対象にしています

〈目次〉
Part-1:基礎編
CHAPTER 1:Rubyの基礎
CHAPTER 2:Railsの基礎
Part-2:アプリケーション開発編
CHAPTER 3:Routes/Controller
CHAPTER 4:View
CHAPTER 5:Database/Model
CHAPTER 6:Test
Part-3:リリース運用編
CHAPTER 7:Railsのベストプラクティス
CHAPTER 8:アプリケーションのデプロイ
CHAPTER 9:アプリケーションの継続的運用
CHAPTER10:アプリケーションの運用
(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • Ruby on Rails 5の上手な使い方 現場のエンジニアが教えるRailsアプリケーション開発の実践手法 開発からリリース運用まで、ベストプラクティスが一冊でわかる?
  • Ruby on Rails 5の上手な使い方 現場のエンジニアが教えるRailsアプリケーション開発の実践手法 開発からリリース運用まで、ベストプラクティスが一冊でわかる?

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中