ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと
  • プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと

  • プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと
  • プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと

プログラミング教育が変える子どもの未来 AIの時代を生きるために親が知っておきたい4つのこと

  • 松村太郎/著 山脇智志/著 小野哲生/著 大森康正/著 松村 太郎
    1980年東京生まれ。米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役ほか、日本初のプログラミングを必修にしたオンライン高校であるコードアカデミー高校の設立者であり副校長

    山脇 智志
    キャスタリア株式会社代表取締役。フエリス女学院大学国際交流学部非常勤講師。鳥取県出身。國學院大学卒。NYでの留学・就職・起業を得て日本に帰国。2006年にスマートフォンを用いたモバイルラーニングサービスを提供するキャスタリア株式会社を設立。代表取締役社長。海外の教育組織や関係者との深いネットワークを持つ

    小野 哲生
    Calm Tech Labs株式会社代表取締役Architect。1979年愛知県生まれ。建築学科の大学を卒業後、オーダーメイドキッチン・家具の設計・建築設計・監理などに携わる。2級建築士

    大森 康正
    上越教育大学教授。専門領域は知識工学、情報工学、教育情報システム工学。これまでに、中学校技術・家庭科技術分野情報領域における教材開発に関する研究などを行ってきた。実践に基づく初等・中等教育におけるプログラミング教育のカリキュラム開発及び指導者育成プログラムとその環境の開発について研究を行っている。日本産業技術教育学会評議員ほか、委員歴多数

  • ISBN
    978-4-7981-5095-6
  • 発売日
    2018年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

交通状況・天候の影響や注文が集中した場合等、お届けにお時間を頂く場合がございます。

数量:

1,600 (税込:1,760

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 2020年から、小学校でのプログラミング必修化が決まりました。本書は、子どもたちが「プログラミング」に出会ううえで、大人はどういったサポートができるのか、そしてどう一緒に楽しめるのか、わかりやすくお伝えする一冊です。そもそもなぜ、プログラミングを学ぶのか?どのような教材・スクールなどの選択肢があるのか?学習指導要領ではどう示されているのか?…そういった疑問に答え、「プログラミング教育」について考えるヒントを紹介します。
目次
第1章 なぜ、プログラミングを学ぶの?(なぜ、プログラミングを学校で学ぶの?
社会を変えるアイデアを形にするため ほか)
第2章 日本のプログラミング教育導入の目的(日本のプログラミング教育事情&育てるべき人材
地域完結型プログラミング教育のヒント)
第3章 親子で楽しむ!プログラミング(プログラミングで得られることとは?
家庭で興味を持たせる話し方・接し方 ほか)
第4章 どうなる?学校のプログラミング教育(日本のプログラミング教育の歴史
新学習指導要領の内容と指導案 ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

2020年から、小学校でのプログラミング必修化が決まりました。
読み書き計算と同じように、新しい時代の「教養」として今、
コンピューターやプログラミングの基礎を学ぶことが期待されています。

しかし現状はまだ、指導の方法や教材に一定のモデルがありません。
期待や希望が持たれる一方で、多くの情報があふれ、子どもたちをどうサポートすべきか、
不安な気持ちを抱えている保護者の方・教育関係者の方は多いことでしょう。
本書は、子どもたちが「プログラミング」に出会ううえで、大人はどういったサポートができるのか、
そしてどう一緒に楽しめるのか、わかりやすくお伝えする一冊です。

「そもそも、なぜ学ぶ必要があるの?」」
「どうして、教えることが決まったの?」
「どんな塾や教材があるの?」
「これから学校では、どう教えるの?」

……そういった疑問に答え、「プログラミング教育」について考えるヒントをご紹介します。

ページの先頭へ

閉じる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中