ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ANAのVIP担当者に代々伝わる言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方

  • ANAのVIP担当者に代々伝わる言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方

ANAのVIP担当者に代々伝わる言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方

  • 加藤アカネ/著 加藤 アカネ
    伝説の元ANA CAマネージャー。ANA CA165期として入社後、29年間在籍。数々のメディアで「ANA CAの顔」として活躍。その後、人財育成部門でインストラクターとして、5000人以上のCAを育成した。また、管理職としてTOP VIP部門の責任者を務める。人事評価制度の再構築、機内品質管理、新入社員面接官等を歴任し、「伝説のCA」と呼ばれている

  • ページ数
    188p
  • ISBN
    978-4-7631-3545-2
  • 発売日
    2016年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 普通の人は、正論を言って、相手を動かす。うまい人は、それとなく伝え、動かす。超一流は、伝えずに動かし、しかもこちらを好きになってもらう。秘伝、ついに公開。
目次
第1章 「気まずいお願い」をするときの魔法(反対意見の人に、ひと言も言わずに主張を通す
会議中、自分の意見を言わずに思いどおりの結論に導く
責任を取りたくない上司を、説得せずにその気にさせる ほか)
第2章 「双方」をまるくおさめるときの魔法(泣き叫ぶ赤ちゃんとクレームをつけるおじさん、どちらも立ててまるくおさめる
関係がこじれている2人を、どちらも悪く言わずになだめる
意見の違う部下Aと部下B、やる気を削がず仕事をさせる ほか)
第3章 「優劣」をつけなくてはいけないときの魔法(お客さまAとお客さまB、どちらも立ててまるくおさめる
先約をしている人に「別の約束が入ってしまった」と角を立てずに断る
部下Aと部下B、昇進しなかったほうを落ち込ませずにやる気にさせる ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

VIP担当だけが知っている
秘伝の「伝え方」が、ついに公開。

飛行機の中で、
泣いている赤ちゃんを連れたお母さんと、
「うるさい」と怒っているビジネスマン。
もし、あなたがキャビンアテンダント(CA)で、
この二人を目の前にしたら、
どう言って、その場をおさめるでしょうか?

お母さんに対して「赤ちゃんを泣き止ませてください」とは言えないし、
ビジネスマンに「赤ちゃんは泣くものです」とも言えません。

たとえば、
大きな声で盛り上がっている社長さんに対して、
どのように注意すればいいでしょうか?

「お静かにお願いします」と言ったら、
気分を害されてしまいそうです。

こんなとき、どう言えばいいでしょうか?
どう言えば、誰もイヤな気持ちにさせずに、
自分の希望どおりに相手を動かすことができるのでしょうか?

ANAには、VIP担当者だけに代々伝わる、
言いにくいことを言わずに、
相手に気持ちよく動いてもらうための
「秘伝の伝え方」があります。

本書では、その「秘伝の伝え方」を
初めて公開します。

著者は、CAの管理職としてTOP VIP部門の責任者を務め、
人財育成部門で、年間500人の新人CA、
5000人の現役CAの教育を担当してきた、
CA界のトップ、加藤アカネさん。

普通の人は、正論を言って、相手を動かす。
うまい人は、それとなく伝え、動かす。
超一流は、伝えずに動かし、しかもこちらを好きになってもらう。

ANAのVIP担当に代々伝わる魔法を、
あなたもどうぞ、お使いください。

ページの先頭へ

閉じる

  • ANAのVIP担当者に代々伝わる言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方
  • ANAのVIP担当者に代々伝わる言いにくいことを言わずに相手を動かす魔法の伝え方

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中