ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 社会問題としての教育問題 自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論

  • 社会問題としての教育問題 自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論

社会問題としての教育問題 自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論

  • ルドルフ・シュタイナー/著 今井重孝/訳 シュタイナー,ルドルフ(Steiner,Rudolf)
    1861~1925。バルカン半島のクラリエヴェックに生まれ、実科学校を経てウィーン工科大学で学んだ。最初はゲーテ研究者として頭角をあらわし、若くして『自由の哲学』を執筆した。40歳のころから精神世界の領域について講演を多くするようになり1913年に人智学協会を創設。人智学を信奉していたエミール・モルトの要請を受けて最初のシュタイナー学校をシュトゥットガルトに創設した

    今井 重孝
    1948年愛知県生まれ。教育学博士(東京大学)。東京工芸大学教授、広島大学教授を経ては青山学院大学教育人間科学部教育学科教授

  • ページ数
    229p
  • ISBN
    978-4-7565-0134-9
  • 発売日
    2017年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人類はどんな社会を目指せばよいのか。健全な社会はどのように実現できるのか。切迫した問いに対しシュタイナーが提示した画期的な未来社会の方向性。21世紀の社会が進むべき方向がわかる貴重な一冊。
目次
第1講(知力の欠如
東洋と西洋 ほか)
第2講(個性として人格の頂点に立つ
ギリシャの心性 ほか)
第3講(国民経済学の限界
想像的概念の重要性 ほか)
第4講(物質主義の波
教員養成の方向性 ほか)
第5講(知性の時代史へ
エジプト・カルデア期の知性 ほか)
第6講(四つの体
植物的性質を持つエジプト・カルデア期の物質体 ほか)

商品詳細情報

サイズ 20cm
原題 原タイトル:Die Erziehungsfrage als soziale Frage
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 社会問題としての教育問題 自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論
  • 社会問題としての教育問題 自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中