ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「スコットランド問題」の考察 憲法と政治から

  • 「スコットランド問題」の考察 憲法と政治から

「スコットランド問題」の考察 憲法と政治から

  • 倉持孝司/編著 倉持 孝司
    南山大学法務研究科教授。専門分野:憲法研究(とくに、イギリス憲法研究)

  • ISBN
    978-4-589-03939-2
  • 発売日
    2018年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,600 (税込:6,048

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「スコットランドは独立国家となるべきか?」
    憲法・政治の専門家が1707年イングランドとの「連合」から1970年以降の権限移譲の進展、2014年の独立住民投票、2016年以降のイギリスEU離脱動向に至る歴史過程をふまえて問題を掘り下げて分析。地方・地域レベル-全国レベル-超国家レベルの「多層化された統治」の展開をフォロー。
目次
序章 「スコットランド問題」の考察―2014年独立レファレンダムが提起したこと
第1章 スコットランドの憲法
第2章 スコットランドと連合王国―歴史的、政治的文脈から見た分離独立レファレンダムへ向けた動き
第3章 スコットランドへの権限移譲とその法制度的展開
第4章 スコットランドへの権限移譲と連合王国・Brexit
第5章 連合王国・スコットランドにとっての連邦制の将来
第6章 スコットランドのナショナリズム
終章 二つのレファレンダムと「スコットランド問題」

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「スコットランド問題」の考察 憲法と政治から
  • 「スコットランド問題」の考察 憲法と政治から

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中