ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 核の脅威にどう対処すべきか 北東アジアの非核化と安全保障

  • 核の脅威にどう対処すべきか 北東アジアの非核化と安全保障

核の脅威にどう対処すべきか 北東アジアの非核化と安全保障

  • 鈴木達治郎/編 広瀬訓/編 藤原帰一/編 鈴木 達治郎
    長崎大学核兵器廃絶研究センターセンター長・教授

    広瀬 訓
    長崎大学核兵器廃絶研究センター副センター長・教授

    藤原 帰一
    東京大学大学院法学政治学研究科教授

  • シリーズ名
    RECNA叢書 3
  • ページ数
    213p
  • ISBN
    978-4-589-03921-7
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,200 (税込:3,456

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 北東アジアの核廃絶を阻害または促進する要因を、核抑止依存の実態、「トラック2」外交の可能性、非核化過程の検証などから分析。
目次
第1部 「核の傘」依存低減と非核保有国の政策(「核の傘」依存国の定義と考察
「核兵器禁止条約」成立過程における「核の傘」依存国の動向
オーストラリアの「核の傘」依存政策と「南太平洋非核地帯」(SPNFZ) ほか)
第2部 北東アジアにおける信頼醸成―「トラック2」活用の可能性(「トラック2」の定義と北東アジアの特徴
北東アジア平和協力構想(NAPCI)の可能性と今後の展望
パグウォッシュ会議の成果と北東アジアへの期待 ほか)
第3部 非核化の検証と北東アジアの課題(核軍縮における検証の現状と課題
衛星監視技術の利用可能性
地域核物質検証制度の可能性 ほか)
第4部 パネル討論

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 核の脅威にどう対処すべきか 北東アジアの非核化と安全保障
  • 核の脅威にどう対処すべきか 北東アジアの非核化と安全保障

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中