ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 地方自治論 変化と未来

  • 地方自治論 変化と未来

地方自治論 変化と未来

  • ページ数
    265p
  • ISBN
    978-4-589-03904-0
  • 発売日
    2018年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,024

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 地方自治を学ぶ幅広い人々を対象にしたテキスト。2000年の地方分権一括法施行以後の日本の地方自治について、分析の視点を提示し、課題を明らかにし、また、将来に向けて、新たな視点や問題提起を行うことをめざす。
目次
自治体という存在―群民的自治体観と機構的自治体観
国と自治体の役割分担―それぞれが担う行政と政治
大都市制度―都市の役割は何か?
自治体の統治制度―仕組みと運用
地方議会の役割―住民・議会・首長の新たな関係
自治立法権―機能と実践
自治体行政計画―仕組みとプロセス
自治体の税財政―制度と予算
自治体と民間の役割分担―すみ分けと協働
まちづくりと自治―まちの政策論〔ほか〕

商品詳細情報

サイズ 21cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

商品のおすすめ

行政学、行政法学、社会学、哲学などの視点をとり入れ、「自治体とは何か」から住民論へと展開していく、学際的な地方自治論。

ページの先頭へ

閉じる

  • 地方自治論 変化と未来
  • 地方自治論 変化と未来

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中