ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • グローバリゼーション下のイギリス経済 EU離脱に至る資本蓄積と労働過程の変化

  • グローバリゼーション下のイギリス経済 EU離脱に至る資本蓄積と労働過程の変化

グローバリゼーション下のイギリス経済 EU離脱に至る資本蓄積と労働過程の変化

  • シリーズ名
    大阪経済大学研究叢書 第88冊
  • ページ数
    230p
  • ISBN
    978-4-589-03898-2
  • 発売日
    2018年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

5,200 (税込:5,616

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 現在の英国経済を解明するため、1979~2008年の資本蓄積について、製造業を軸にして分析、考察。
目次
序章 1979~2008年のイギリスの資本蓄積―評論と本書の構成
第1章 雇用削減による生産性上昇の資本蓄積―脱工業化とそれがはらむ諸問題(イギリスの脱工業化(De‐industrialization)
イギリスの製造業雇用の縮小の動き(1950~2007年) ほか)
第2章 日本の対英直接投資とイギリスの資本蓄積(1980年代のFDIの全体的な動き
ヨーロッパへの日本直接投資 ほか)
第3章 グローバル下の労働過程とイギリス労働管理(グローバル下の労働過程論とは何か
不熟練労働から成り立つ生産過程―マルクスの生産過程論 ほか)
終章 リーマンショック以降の資本蓄積

商品詳細情報

サイズ 22cm
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • グローバリゼーション下のイギリス経済 EU離脱に至る資本蓄積と労働過程の変化
  • グローバリゼーション下のイギリス経済 EU離脱に至る資本蓄積と労働過程の変化

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中