ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「共謀罪」を問う 法の解釈・運用をめぐる問題点

  • 「共謀罪」を問う 法の解釈・運用をめぐる問題点

「共謀罪」を問う 法の解釈・運用をめぐる問題点

  • 松宮孝明/著 松宮 孝明
    1958年生。京都大学大学院法学研究科博士課程後期課程単位取得退学/博士(法学)。現在、立命館大学大学院法務研究科教授

  • ページ数
    96p
  • ISBN
    978-4-589-03867-8
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

926 (税込:1,000

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 刑法学者による監視社会への警鐘の書。共謀罪規定の逐条解説をし、刑事法に関わる問題点に鋭く切りこむ。
目次
1 「テロ等準備罪」=「共謀罪」の内容
2 提案の背景
3 TOC条約の求めるもの
4 国際協力のネックとしての「死刑」
5 「共謀罪」の真の立法理由
6 「共謀罪」の解釈
7 テロの脅威は「対テロ戦争」への参戦から
8 監視社会の構築による市民的自由の窒息

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 「共謀罪」を問う 法の解釈・運用をめぐる問題点
  • 「共謀罪」を問う 法の解釈・運用をめぐる問題点

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中