ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 実務知的財産権と独禁法・海外競争法 技術標準化・パテントプールと知財ライセンスを中心として

  • 実務知的財産権と独禁法・海外競争法 技術標準化・パテントプールと知財ライセンスを中心として

実務知的財産権と独禁法・海外競争法 技術標準化・パテントプールと知財ライセンスを中心として

  • 滝川敏明/著 滝川 敏明
    京都大学法学部卒業。公正取引委員会事務局入局後、カリフォルニア大(バークレー)経営大学院修了(MBA)。OECD日本政府代表部一等書記官、公正取引委員会産業調査室長・審判官室長・渉外室長、富山大学経済学部教授、関西大学法科大学院教授を経て、関西大学法学部教授。フルブライト奨学金ジョージワシントン大ロースクール研究員(2009年度)。カリフォルニア大(バークレー)ロースクール客員研究員(2012年度)

  • ISBN
    978-4-589-03850-0
  • 発売日
    2017年04月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,800 (税込:3,080

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 知的財産権(特許権)に関わる企業活動と米EU日中競争法との関係を、基礎知識解説、図表、具体例により解説。
目次
第1章 知的財産権と競争法適用の調和(特許の排他権
特許濫発と「特許の薮」 ほか)
第2章 競争者間協調と競争法・独禁法―技術標準化とパテントプール(技術「標準化」のための協調行動
パテントプールのメリット ほか)
第3章 知財行使による競争者排除と競争法・独禁法(「競争者排除」規制か「搾取的濫用」規制か
知財に認められた排他権と競争者排除行為規制 ほか)
第4章 標準化ホールドアップと競争法・独禁法(「標準必須特許」の市場支配力
パテント・トロール問題 ほか)
第5章 知財ライセンス条項と競争法・独禁法(ライセンスに対する競争法適用の留意点
競争法と特許権の調整 ほか)

商品詳細情報

サイズ 21cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 実務知的財産権と独禁法・海外競争法 技術標準化・パテントプールと知財ライセンスを中心として
  • 実務知的財産権と独禁法・海外競争法 技術標準化・パテントプールと知財ライセンスを中心として

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中