ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 振舞いとしての法 知と臨床の法社会学

  • 振舞いとしての法 知と臨床の法社会学

振舞いとしての法 知と臨床の法社会学

  • ページ数
    297p
  • ISBN
    978-4-589-03719-0
  • 発売日
    2016年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

6,000 (税込:6,480

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

目次
第1部 法と社会のメタ理論―解釈法社会学の地平(アカウントの社会学的解釈―Florian Znanieckiの社会学方法論を手掛かりにして
行為の理論の収斂―解釈法社会学とタルコット・パーソンズ
密猟主体と第三の波
何が不法行為法の敷居を高くしているのか―権利主張が希少であることを説明する)
第2部 臨床の法―ナラティヴとケア(痛みと償い―震えの声の前で
医療とナラティブ
ナラティヴと感情
リーガル・カウンセリング論の再文脈化)
第3部 紛争・交渉―法の声・ひとの声を聴く(臨床的ADR論―個別的なるもの
したたかな紛争当事者の紛争解決
アドボケイト活動と「意思決定支援」
契約改定合意の拘束力と公正感―覚え書き)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 振舞いとしての法 知と臨床の法社会学
  • 振舞いとしての法 知と臨床の法社会学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中